林銑十郎 はやし せんじゅうろう(1876〜1943)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人政治家首相
出身地(現在) 石川県
生没年月日 明治9年2月23日〜昭和18年2月4日
1876年2月23日〜1943年2月4日)

解説

父は旧金沢藩士。陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業。日露戦争に出征。陸軍大学校校長、近衛師団長、朝鮮軍司令官等を歴任し、昭和7年(1932)陸軍大将。斎藤内閣と岡田内閣では陸相となる。12年2月に首相に就任。政党を除外し、祭政一致を掲げた内閣であったが、議会での審議が滞り、議会を解散。総選挙で野党が圧勝したため5月に内閣総辞職した。4ヶ月間の短命内閣であった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、11.1×16.0 cm