浜田市助 はまだ いちすけ(1855〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚実業家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 安政2年7月10日〜明治44年4月3日
1855年8月22日〜1911年4月3日)

解説

父は鹿児島藩士。明治11年(1878)税関職員となる。15年アメリカへ留学。そのまま、在ニューヨーク日本国領事館に勤務するも、17年父の死により帰国。後、大蔵省に出仕。在職中には日本銀行総裁吉原重俊に随行し欧米諸国の銀行事務を視察している。帰国後、日本銀行に入社。検査局長として幣制の改革に尽力した。32年同行を辞職。九州鉄道株式会社、帝国商業銀行の取締役に就任した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm