長谷場純孝 はせば すみたか(1854〜1914)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 嘉永7年4月1日〜大正3年3月15日
1854年4月27日〜1914年3月15日)

解説

父は鹿児島藩の郷士。明治4年(1871)に東京に遊学するが廃藩置県となり、警視庁の羅卒(巡査)となる。西郷隆盛を慕って故郷に戻り、西南戦争では西郷軍に加わり捕虜となる。13年出獄、国会開設運動に参加。23年第1回衆議院議員総選挙で当選。以後連続当選し、政党政治の有力者として活躍した。41年衆議院議長、44年には第2次西園寺内閣の文相となるが、翌年病気のため辞任。大正3年(1914)には再び衆議院議長となり、シーメンス事件の混乱の中で議会運営にあたったが、現職中に死亡した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm