長谷川好道 はせがわ よしみち(1850〜1924)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 山口県
生没年月日 嘉永3年8月26日〜大正13年1月27日
1850年10月1日〜1924年1月27日)

解説

父は岩国藩士。戊辰戦争に参加し、明治3年(1870)に大阪兵学寮に入り、翌年陸軍大尉に任官。日清戦争には歩兵第12旅団長として出征。その後第3師団長を経て、近衛師団長として日露戦争に従軍した。37年大将。45年参謀総長となるが、第2次西園寺内閣の二個師団増設問題で上原勇作陸相を辞任に追い込み、これがもととなり軍部大臣現役武官制が廃止された。大正4年(1915)元帥、5年伯爵。同年10月から第3代朝鮮総督となり、3・1運動に対して武断政治で臨み批判を浴びることとなった。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm