萩原守一 はぎわら もりいち(1868〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 山口県
生没年月日 慶応4年2月27日〜明治44年5月25日
1868年3月20日〜1911年5月25日)

解説

明治28年(1895)帝国大学を卒業、外務省に入る。30年にドイツ公使館に勤務、その後ベルギー、韓国、アメリカの公使館書記官を歴任。日露戦争後の39年奉天(現瀋陽)総領事。のち外務省通商局長をつとめ、敏腕家と言われたが、44歳で病死した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm