野村靖 のむら やすし(1842〜1909)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:の[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 天保13年8月6日〜明治42年1月24日
1842年9月10日〜1909年1月24日)

解説

父は萩藩士。安政4年(1857)、松下村塾に入門。尊皇攘夷運動に加わり、英国公使館焼討事件に連座。第2次長州征討への抗戦で活躍。明治4年(1871)宮内権大丞として新政府に出仕。岩倉遣外使節団に随行。以後累進して神奈川県令、駅逓総監、逓信次官を歴任。20年子爵。翌年枢密顧問官となる。24年駐仏公使。帰国後、第2次伊藤内閣内相、第2次松方内閣逓相を歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm