稲垣満次郎 いながき まんじろう(1861〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 文久元年9月26日〜明治41年11月25日
1861年10月29日〜1908年11月25日)

解説

父は平戸藩士。藩立学校維新館、鹿児島私学校等を経て、明治15年(1882)東京大学文学部に入学。英国留学後、学習院・高等商業学校の嘱託教授となる。30年3月暹羅(シャム)国駐箚弁理公使、36年同特命全権公使。40年スペイン駐箚。任地マドリードで客死。『東方策』(1891)の著者。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm