西尾京子 にしお きょうこ(1844〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:に[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:医師・薬剤師等[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 医師・薬剤師等
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保15年8月〜大正2年7月8日
1844年〜1913年7月8日)

解説

助産婦。父は幕臣。40歳で夫と死別。明治17年(1884)に東京府の産婆免許状、さらに内務省の免許を取得。以後、約30年にわたり東京府産婆会の副会長や幹事を務め、「育たぬ早産児を育てる器機」を発明するなどの功績があった。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm