名村泰蔵 なむら たいぞう(1840〜1907)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚法律家
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 天保11年11月1日〜明治40年9月6日
1840年11月24日〜1907年9月6日)

解説

司法官。オランダ通詞名村八右衛門の養子となり、蘭、英、独、仏語を習得する。慶応2年(1866)万国博覧会御用掛を命じられ、徳川昭武に随行し渡仏。維新後は、長崎県上等通弁、仏学局助教などを経て、明治5年(1872)司法省に出仕。同年、司法卿江藤新平に従い渡欧。各国の法律を調査し、法学者ボアソナードの招聘につとめた。7年に、台湾出兵問題で大久保利通に随行して清国に派遣された後は、司法官として刑法・治罪法の立案に尽力。大審院検事長として民権派の激化事件の司法的処理にもあたった。25年大審院長心得。27年貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm