鍋島直正 なべしま なおまさ(1815〜1871)

現在のカテゴリー:生年月日順:1810年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:公家・旧大名[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 公家・旧大名
出身地(現在) 東京都
生没年月日 文化11年12月7日〜明治4年1月18日
1815年1月16日〜1871年3月8日)
号・別称等 閑叟(かんそう)

解説

鍋島斉直の十七男。天保元年(1830)佐賀藩の10代目藩主となり、藩財政改革をはじめ諸改革に取り組む。大銃製造方を置き、嘉永5年(1852)には洋式鉄製大砲を日本ではじめて製造するなど、軍備の強化に務めた。公武合体も斡旋。維新後は議定職、開拓使初代長官を歴任した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm