中野初子 なかの はつね(1859〜1914)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 安政6年1月5日〜大正3年2月16日
1859年2月7日〜1914年2月16日)

解説

電気工学者。父は小城藩士。明治5年(1872)経綸舎に入り英学を学ぶ。14年工部大学校を卒業、同学校に奉職。21年にイギリス・アメリカに留学。24年工科大学教授となり、32年に工学博士の学位を受ける。以後、電気学会会長を勤めるなど、日本の電気事業界に多くの功績を残した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:東京帝国大学
請求記号:401-80
白黒、4.5×6.0 cm