中島信行 なかじま のぶゆき(1846〜1899)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 高知県
生没年月日 弘化3年8月15日〜明治32年3月26日
1846年10月5日〜1899年3月26日)

解説

父は高知藩郷士。尊王攘夷運動に参加。脱藩後、海援隊に入る。戊辰戦争では会津攻撃に加わる。維新後、新政府に出仕。明治7年(1874)神奈川県令。9年元老院議官となる。14年自由党の結成に際し、副総裁に就任。20年保安条例により東京から追放される。23年第1回衆議院議員選挙に当選、初代衆議院議長となる。その後再び政府へ復帰。26年イタリア駐在特命全権公使。27年貴族院議員に勅選。妻は女性民権家岸田俊子。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm