中岡慎太郎 なかおか しんたろう(1838〜1867)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 高知県
生没年月日 天保9年4月〜慶応3年11月17日
1838年〜1867年12月12日)

解説

父は大庄屋役勤仕。文久元年(1861)武市瑞山が結成した土佐勤王党に参加。3年土佐勤王党が弾圧されると脱藩して長州に行き、尊皇攘夷運動の中心として活躍。坂本竜馬と協力して薩長連合締結に尽力し、慶応2年(1866)締結が実現。同年陸援隊を組織して隊長となる。以後武力討幕を目指し活動していたが、大政奉還後の3年11月坂本竜馬と共に京都で暗殺された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:中岡慎太郎
請求記号:556-108
白黒、9.0×13.5 cm