徳田金一 とくだ きんいち(1885〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 山口県
生没年月日 明治18年3月25日〜大正2年3月28日
1885年3月25日〜1913年3月28日)

解説

日本初の飛行機事故の犠牲者。明治40年(1907)士官学校を卒業。45年に選抜されて飛行機練習生となる。大正2年(1913)青山練兵場よりブレリオ式飛行機を操縦中、所沢飛行場東方で、突風により右翼の支柱が切断し、墜落。同乗の木村鈴太郎中尉とともに死亡した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm