遠山稲子 とおやま いねこ(1874〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:埼玉県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 埼玉県
生没年月日 明治7年2月1日〜大正元年10月5日
1874年2月1日〜1912年10月5日)

解説

明治21年(1888)麹町六番町の開成女学館に学ぶ。高崎正風に師事した女流歌人として知られる。27年に御歌所寄人の遠山英一と結婚。39年勅題「新年河」に詠進し入選。高崎正風の聞書きを集めた『高崎正風演説筆記』(1901)、『歌ものがたり』(1912)を編纂。著作をまとめた『稲子遺稿』(1913)がある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm