東条英教 とうじょう ひでのり(1855〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岩手県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 岩手県
生没年月日 安政2年11月8日〜大正2年12月16日
1855年12月16日〜1913年12月16日)

解説

父は南部藩士東条英俊。陸軍教導団に入り、明治10年(1877)に西南戦争に従軍、陸軍少尉となる。陸軍大学校が開設されると選ばれて入学し、メッケル(Meckel, K. W. J.)に学んだ。卒業後ドイツに留学。帰国後参謀本部に入り、陸軍大学校教官もつとめる。日清戦争では大本営参謀として諸作戦を立案し、戦争終了後に『日清戦史』の編纂部長となった。日露戦争には第8旅団長として出征したが病気となる。のち歩兵第30旅団長となったが、40年中将となり現役を退いた。東条英機の父。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm