伊東巳代治 いとう みよじ(1857〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[次の人物]

職業・身分 官僚政治家
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 安政4年5月7日〜昭和9年2月19日
1857年5月29日〜1934年2月19日)

解説

父は長崎町年寄書物役。早くから語学を修得。兵庫県訳官を経て明治新政府に出仕。明治15年(1882)伊藤博文の欧州憲法調査に随行、帰国後伊藤の秘書官として明治憲法起草に参画。22年以降、首相秘書官、枢密院書記官長、貴族院勅選議員、第2次伊藤内閣書記官長、第3次伊藤内閣農商務相、枢密顧問官等を歴任。その間、東京日日新聞社社長も勤めた。枢密院の重鎮として、昭和初期まで政界に影響力を行使した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:憲政五十年史 : 画譜
請求記号:430-121イ
白黒、6.5×10.1 cm