寺島直 てらじま なおし(1837〜1910)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:て[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 天保8年4月〜明治43年6月29日
1837年〜1910年6月29日)

解説

藩の儒者並木栗水の門に学ぶ。維新前には、尊王攘夷論者として梅田雲浜らと国事に奔走し、禁錮されたこともある。明治4年(1871)敦賀県参事、のち判事に転ずる。フランス語、ドイツ語を能くし、ボアソナードとともに日本民法の編纂に従事。17年大審院判事、31年民事第2部長となる。多くの名判決を生み、39年の退職にあたってはそれを惜しんで東京弁護士会より留任の運動があったといわれる。刀剣の鑑定家としても知られる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm