千坂高雅 ちさか たかまさ(1841〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ち[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山形県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚実業家
出身地(現在) 山形県
生没年月日 天保12年閏1月19日〜大正元年12月3日
1841年3月11日〜1912年12月3日)

解説

米沢藩家老千坂高明の長男。明治3年(1870)米沢藩の大参事となり、藩主上杉茂憲に随いイギリスに遊学、6年帰国して内務省に入る。西南戦争では陸軍中佐として出征。のち、石川県令、内務大書記官、岡山県令を歴任した。退官後は実業界に入り、両羽銀行、宇治川水電、横浜倉庫などの重役をつとめた。27年より貴族院議員。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm