谷森善臣 たにもり よしおみ(1818〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1810年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)
出身地(現在) 京都府
生没年月日 文化14年12月28日〜明治44年11月16日
1818年2月3日〜1911年11月16日)

解説

国学者。天皇の近侍である内舎人家(うどねりけ)の出身。伴信友の門下で国学を学ぶ。40歳頃から山陵修復事業に携わり、以後御陵墓取調事務に従事し、皇学取調御用掛、皇学所1等教授、修史館修撰などを歴任。著作物には歴史書の校訂、山陵の調査報告などがある。また、蔵書は多岐にわたり、「谷森本」と称されて、『国史大系』の底本として用いられた資料を多く含む。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm