橘周太 たちばな しゅうた(1865〜1904)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 慶応元年9月15日〜明治37年8月31日
1865年11月3日〜1904年8月31日)

解説

明治20年(1887)陸軍士官学校卒業。30年戸山学校教官、35年陸軍少佐、名古屋地方幼年学校長。37年第2軍管理部長として日露戦争に出征。歩兵第34連隊第1大隊長となり、遼陽の戦闘で戦死した。死後中佐進級。海軍の広瀬武夫中佐と並ぶ軍神として著名になる。著書『経験余録』(1903)ほか。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm