高崎正風 たかさき まさかぜ(1836〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者官僚
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保7年7月28日〜明治45年2月28日
1836年9月8日〜1912年2月28日)

解説

歌人。鹿児島藩士高崎温恭の長男。父はお由羅騒動といわれる藩の内紛のために切腹、正風は流島となるが、のち許されて鹿児島に戻り、以後国事に奔走した。明治4年(1871)新政府に出仕。22年に宮中顧問官、28年に枢密顧問官を歴任。また、21年から45年まで御歌所長を勤め、明治天皇の歌を点した。正風の聞書きを集めた『高崎正風演説筆記』(1901)、『歌ものがたり』(1912)が編纂されている。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm