高木三郎 たかぎ さぶろう(1841〜1909)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官実業家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保12年閏1月17日〜明治42年3月28日
1841年3月9日〜1909年3月28日)

解説

父は庄内藩士。安政6年(1859)軍艦操練所に入所。その後、アメリカに留学。明治4年(1871)に駐米日本公使館書記官となり、臨時代理公使時代に日米対等郵便条約を締結するなど活躍するが、13年に外務省を辞任。以後、生糸の輸出を目的とした横浜同伸会社の取締役となり、30年にわたり販路の開拓、養蚕製糸の改善などに尽力した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm