鈴木唯一 すずき ただかず(1845〜1909)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:す[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚教育家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 弘化2年1月15日〜明治42年2月11日
1845年2月21日〜1909年2月11日)

解説

明治元年(1868)イギリスの法学者の著書“How we are Governed”を翻訳した『英政如何』を発表。同年、新政府に出仕。翌年、開成学校の教授に就任。4年ヨーロッパに留学。8年官を辞し、以後、牛込区議会議員、東京府会議員、文部省奏任御用掛などを務めたほかは、翻訳業を専らとし、10年には、同志とともに汎愛社を設立した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm