杉浦重剛 すぎうら じゅうごう(1855〜1924)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:す[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:滋賀県[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家ジャーナリスト
出身地(現在) 滋賀県
生没年月日 安政2年3月3日〜大正13年2月13日
1855年4月19日〜1924年2月13日)
号・別称等 杉浦梅窓(すぎうら ばいそう)

解説

思想家。膳所藩の貢進生として大学南校に入学するが、制度が変わり、東京開成学校に学ぶ。在学中選抜され、明治9年(1876)イギリスに留学。15年東京大学予備門長。18年辞職後に主に在野で多彩な言論・教育活動を行う。21年に三宅雪嶺とともに政教社設立に参加、雑誌『日本人』を発刊し、国粋主義を唱える。また東京英語学校の設立、称好塾を経営し、青少年の教育に尽力した。のち東亜同文書院長等を経て、大正3年(1914)東宮御学問所御用掛となり倫理を進講した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm