下山順一郎 しもやま じゅんいちろう(1853〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:医師・薬剤師等[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛知県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)医師・薬剤師等
出身地(現在) 愛知県
生没年月日 嘉永6年2月18日〜明治45年2月
1853年3月27日〜1912年2月)

解説

薬学者。明治3年(1870)犬山藩の貢進生として大学南校独逸語科に学ぶ。6年第一大学区医学校製薬学科に進学。12年製薬士の学位を受け、その後、陸軍薬剤官と大学助教授を兼任する。16年に日本薬局方編纂御用掛となるが、ストラスブルグ大学に留学。帰国後、帝国大学医科大学教授となり、薬剤師試験委員、日本薬剤師会理事長などを歴任。東京薬学校を設立し、日本の薬学界の発展に寄与した。郊外に是好園という薬草園を持った。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm