下村房次郎 しもむら ふさじろう(1856〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:和歌山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 和歌山県
生没年月日 安政3年4月4日〜大正2年2月21日
1856年5月7日〜1913年2月21日)

解説

父は和歌山藩士。明治9年(1876)和歌山県御用掛。13年和歌山日々新聞主幹となる。19年逓信省通信局に任じられ、逓信吏員の養成に尽し、東京郵便電信学校の設立に寄与した。26年逓信省退官後、全国の鉄道と日本沿岸港湾の視察・調査を志す。34年に日露直接貿易の必要性を唱え、露国公使と日露貿易に関する覚書を交わしロシアに赴いた。日本海航運の拡大など交通通信事業の発展と日露貿易の振興に務め、内国生命保険会社社長等を歴任した。雑誌『交通雑誌』を刊行、『脩身階梯』(1875)、『官吏論』(1891)などの著書がある。下村海南の父。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm