伊藤鶴吉 いとう つるきち(1858〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:神奈川県[前の人物次の人物]

職業・身分 その他
出身地(現在) 神奈川県
生没年月日 安政4年12月17日〜大正2年1月6日
1858年1月31日〜1913年1月6日)

解説

横浜で外国人から英語を習い、通訳となる。明治11年(1878)6月から9月にイギリスの旅行家イザベラ・バード(Isabella L. Bird)の東京から北海道までの旅行に同行した。その旅行記『日本奥地紀行』(“Unbeaten tracks in Japan”)の中でItoという名前で記述されている。その後は、日本初のガイド組織「開誘社」の設立に参画、国賓の通訳を務めるなど活躍した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm