下瀬雅允 しもせ まさちか(1860〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 広島県
生没年月日 安政6年12月16日〜明治44年9月6日
1860年1月8日〜1911年9月6日)

解説

化学者。父は広島藩士。明治11年(1878)工部大学校に入学。在学中から同校の教授だったE. Divers(1837~1912)と共同執筆の論文を“Chemical News”に投稿するなどの秀才であった。卒業後、大蔵省印刷局を経て海軍兵器製造所(後の海軍造兵廠)に入所し、火薬の研究に従事。氏の開発した下瀬火薬が実用化に成功し、26年に海軍で採用となる。31年外遊。翌年、工学博士の学位を受け、海軍下瀬火薬製造所所長となり研究を続けた。日露戦争で下瀬火薬は大きな効果をあげた。41年帝国学士院会員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm