島貫兵太夫 しまぬき ひょうだゆう(1866〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:宗教家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮城県[前の人物次の人物]

職業・身分 宗教家
出身地(現在) 宮城県
生没年月日 慶応2年7月9日〜大正2年9月6日
1866年8月18日〜1913年9月6日)

解説

牧師。父は仙台藩士。明治15年(1882)に小学教員となる。キリスト教に帰依し、19年に仙台神学校に入る。以後、宗教家として社会事業に携わる。30年に「日本力行会」を設立し、苦学生の救済と海外発展の必要性を唱えた。また、『軍人と基督教』(1895)を執筆し、日露戦争時には宗教家として軍隊を鼓舞する立場をとった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm