斯波蕃 しば しげり(1843〜1907)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 石川県
生没年月日 天保14年1月〜明治40年3月9日
1843年〜1907年3月9日)
号・別称等 津田正邦

解説

金沢藩士。前田慶寧の側近となり、文久3年(1863)慶寧とともに上洛し征長の中止運動に尽力。元治元年(1864)禁門の変が起こると、退京した慶寧の名代として上京し仙洞御所の警備にあたった。慶応元年(1865)家老職となる。戊辰の役では北越地方追討を命ぜられ、長岡城を攻略し、奥羽各地に転戦した。明治2年(1869)金沢藩少参事となり、次いで権大参事となるが、間もなく職を辞す。33年男爵。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm