青木周蔵 あおき しゅうぞう(1844〜1914)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 山口県
生没年月日 天保15年1月15日〜大正3年2月16日
1844年3月3日〜1914年2月16日)

解説

父は医者。藩校明倫館で学ぶ。長崎での医学修行をへて、明治元年(1868)藩留学生としてドイツ留学。6年外務省入省。外務省1等書記官をへて翌年駐独公使。のち駐オーストリア、オランダ各公使を兼任。19年第1次伊藤内閣の外務次官。以後第1次山県内閣、第1次松方各内閣外相を歴任。27年駐英公使として陸奥宗光外相と条約改正に尽力、日英通商航海条約改正に成功。また第2次山県内閣外相として北清事変に対処。以後枢密顧問官、駐米大使をつとめる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm