Home > ときの流れから見る─年表

ときの流れから見る─年表

今回の展示資料を中心とした博物誌年表です。
江戸時代のはじめに名著『本草綱目』が伝来してのち、日本の博物誌は大きな発展をとげました。ここに示した関連記録は、そのうちのごく一部です。江戸時代には毎年のように博物誌関係の作品が著されたほか、次々に新しい動植物が渡来しました。
このような年表をつくることができるのも、たくさんの博物誌資料が現存しているからにほかなりません。

展示資料を中心とした博物誌略年表
西暦 和暦 事項
・2世紀後半、後漢で『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』が成立、365品の薬物を記述。
・3~4世紀、『名医別録』が成立。730品以上の薬物を記述。
500 ・この頃、梁の陶弘景が『神農本草経』の諸伝本を校定し、『名医別録』由来の薬物や自注も加えて、『神農本草経集注(しんのうほんぞうきょうしっちゅう)』 (集注本草) を作る。
562 欽明23年 ・呉の人、智聡が内外典・薬書など164巻を持って渡来。初めて医書が日本に入る。
598 推古6年 ・新羅からクジャクが到来、翌年には百済からラクダとロバが来る。珍鳥奇獣渡来の始まり。
659 斉明5年 ・唐の蘇敬ら、『神農本草経集注』を増補して『新修本草』を作成。その後も増補を繰り返し、宋代に『開宝本草』『嘉祐本草』『大観本草』『政和本草』などが作られる。
918 延喜18年 ・この頃、深根輔仁が『本草和名(ほんぞうわみょう)』を作成。日本最古の本草書 (漢名と和名の対照) 。
1596 慶長1年 ・明の李時珍著『本草綱目』の初版 (金陵本) 刊。先行本草書を編集増補し、博物誌的記述が詳しいのが特色。江戸時代を通して、本書は博物誌の土台となった。
1600 5年 ・徳川氏が関ケ原の戦に勝ち、覇権を握る。初代将軍家康は医薬に関心が深く、二代将軍秀忠は園芸、とくに椿を好み、ともに少なからぬ影響を与えた。関連資料『草木写生春秋之巻』
1604 9年 ・この年までに『本草綱目』が日本に渡来。慶長12年には家康も入手した。
1616 元和2年 ・金魚が渡来。文亀2年 (1502) 伝来説もあり、おそらく何回も輸入されたのだろう。
1637 寛永14年 ・『本草綱目』の最初の和刻本、刊。以後3系統14種の和刻本が出た。
1638 15年 ・幕府、江戸に北薬園・南薬園を創立。のち前者は廃されるが、後者は小石川に移転して存続。
1640 17年 ・幕府、京都に鷹峯薬園を設ける。明暦3年1657・本年から元禄12年 (1699) にかけて、狩野重賢が『草木写生春秋之巻』を描く。江戸時代初期には多数の園芸植物が渡来したが、その好資料の一つ。
1666 寛文6年 ・中村惕斎(てきさい)著『訓蒙図彙(きんもうずい)』刊。最初の百科図鑑で、図も良い。
1675 延宝3年 ・幕府、無人島 (小笠原諸島) に探険隊を派遣、オオコウモリやタコノキの実などを持ち帰る。
1677 5年 ・紀伊熊野太地浦で、鯨を網でからめる捕鯨法が考案され、各地に拡まる。関連資料『六鯨之図』
1680 8年 ・幕府が長崎に薬園を設立、清船蘭船持ち渡りの薬草を受け入れる中継地とする。
1681 天和1年 ・水野元勝著『花壇綱目』刊、最初の総合園芸書だが、図は無い。
1690 元禄3年 ・『六々貝合和歌』刊。この頃から貝類の収集が始まる。
・ケンペルが来日、2年間滞在。『廻国奇観』『日本誌』で日本の動植物を紹介。関連資料『訓蒙図彙』
1691 4年 ・潤甫画『画菊』刊、日本で最初に刊行された園芸植物図譜。
1692 5年 ・『草木写生春秋之巻』にアサガオ赤花のもっとも古いと思われる図がある。アサガオの原種は淡青色で、17世紀の前半までにまず白花が、ついで赤花が現われた。
1695 8年 ・江戸染井の植木屋伊藤伊兵衛三之丞著『花壇地錦抄(かだんじきんしょう)』刊。図は無いが、1,200品以上の園芸品を記述。子息政武が『増補地錦抄』『広益地錦抄』『地錦抄附録』を図入りで続刊する。
1697 10年 ・人見必大 (野必大) 著『本朝食鑑』刊。17世紀には、食物の調和で健康を保つ視点から数々の食物本草書が記されたが、その最高峰に位置するとともに、優れた博物誌でもある。
1699 12年 ・伊藤伊兵衛三之丞画・同政武編『草花絵前集』刊、最初の総合的園芸品図譜。17世紀に渡来したオシロイバナ・センニチコウ・チョウセンアサガオ・ヒマワリなどを所収。
1709 宝永6年 ・貝原益軒著『大和本草』刊、和産動植物中心の本草書。
1716 享保1年 ・徳川吉宗、8代将軍となる。薬物・物産の輸入を減らす目的で、朝鮮人参や砂糖などの国産化を目指すとともに、和産薬材の開発に取り組む。
1717 2年 ・『諸禽万益集』成る。初期の鳥類飼育書としてもっとも充実し、猟法にも詳しい。
1719 4年 ・神田玄泉、『日東魚譜』を作成。最初の魚介図譜で、のち3回改訂。
1720 5年 ・幕府、本年から各地に採薬使を派遣する。薬材の採取と調査が目的。関連資料『将軍徳川吉宗の物産政策』
・幕府、江戸に駒場薬園を新設。植村政勝が管理を命ぜられる。
1721 6年 ・幕府、対馬藩に朝鮮薬材調査を指令 (関連資料『丹羽正伯物産日記』) 。朝鮮人参の試作も本年から始まり、元文1年 (1736) 頃に成功する。関連資料『人参耕作記』
・幕府、小石川薬園を大拡張する (現東大小石川植物園) 。
1728 13年 ・清船、幕府の注文により雌雄のインドゾウを持ち渡る。長崎で雌は死ぬが、雄は翌年陸路で江戸に送られ、寛保2年 (1742) まで江戸で生存。関連資料『[享保十四年渡来]象之図』
1731 16年 ・美濃養老の僧侶毘留舎那谷(びるしゃなや)が自著『東莠南畝讖(とうゆうなんぼしん)』の序を記す。身近な動植物を描いた画集で、ギフチョウのもっとも古い図などを含む。
1735 20年 ・青木昆陽、小石川薬園などでサツマイモを試作。西日本の一部ではすでに耕作していたが、関東での普及はこれ以降である。
・幕府、諸藩に対し、領内に産する全動植物の報告を求める (享保元文産物調査) 。関連資料『信濃国諏訪領諏訪郡筑摩郡之内産物絵図帳』
・『草木弄葩抄(そうもくろうはしょう)』刊。サクラソウ・ナデシコ・カキツバタ・オモトなどに多数の変異品が挙げられており、和産草類の園芸品化がすでに進んでいることがわかる。
1737 元文2年 ・清国から『百花鳥図』が渡来、中国産などの鳥類100品の図譜。
1738 3年 ・『庶物類纂』全1000巻が完成。漢籍の動植物記述の集録で、企画編集した稲生若水が没したため、吉宗が丹羽正伯に続修を命じていた。正伯は延享4年 (1747) に増補編54巻も作成。
1746 延享3年 ・松岡玄達 (怡顔斎) 没、稲生若水の門下。『怡顔斎桜品』『怡顔斎介品』など、グループ別の図説を数多く著した。弟子小野蘭山は、このとき入門後5年に過ぎなかった。関連資料『小野蘭山寛政七年書簡下書』
1748 寛延1年 ・田村藍水著『人参耕作記』刊。のち火事で版木が失われ、増補版『朝鮮人参耕作記』を改めて出版した。
1753 宝暦3年 ・小野蘭山、25歳、京都河原町に私塾「衆芳軒」を開き、『本草綱目』などの講義を始める。
・後藤梨春、『随観写真』の序を記す。和産動植物の網羅を企てた図譜。
1757 7年 ・田村藍水、江戸湯島で日本最初の薬品会を開く。門下平賀源内の提案に基くという。
8年 ・大坂でインコやキンケイ (金鶏) の見世物が大当たり。京都や江戸にも回る。関連資料『奇観名話』
1760 10年 ・大坂初の薬品会を戸田旭山が浄安寺で開き、出品目録『文会録』を刊行。
1761 11年 ・京都初の薬品会を豊田養慶が東山双林寺で開き、出品目録『赭鞭余録(しゃべんよろく)』を刊行。
1762 12年 ・高松藩主松平頼恭(よりたか)、自編『衆鱗手鑑』を将軍家治(いえはる)に献上。魚介類図譜で、この系統の転写図が『栗氏魚譜』や『随観写真』に数多く残る。関連資料『高松藩主松平頼恭の著作』
1770 明和7年 ・田村藍水、『琉球産物志』を記す。実際は、薩南諸島産720品ほどの植物図説。この頃から南方や蝦夷地を対象とする地方動植物誌が現われはじめる。
1773 安永2年 ・『唐鳥秘伝(からどりひでん)百千鳥(ももちどり)』刊、海外産鳥類65品の飼育法。すでに多くの外来種が飼われ、クジャクやシチメンチョウ、ブンチョウなどを繁殖させていたことがわかる。
1774 3年 ・杉田玄白ら、『解体新書』を刊行。
1775 4年 ・『養鼠玉のかけはし』刊。愛玩用鼠の飼育が、明和末年から始まっていた。
・ツュンベリー来日、翌年まで滞在。『日本植物誌』で、530種の日本産植物を記載。
1781 天明1年 ・谷素外編・北尾重政画『誹諧名知折(はいかいなのしおり)』刊、俳人のための動植物図鑑。
1786 6年 ・勝川春章・北尾重政画『画本宝能縷(たからのいと)』刊、蚕の飼育を描いた錦絵。この頃、『画本虫撰』など、動植物を描いた色刷木版画の刊行が相次ぐ。
1791 寛政3年 ・幕医多紀氏の医学教育機関 (躋寿館(せいじゅかん)) を、幕府医学館とする。以後ほぼ毎年、薬品会を開く。
1792 4年 ・幕府の蝦夷地探査に参加した小林源之助が、『蝦夷草木図』を描く。
1797 9年 ・『橘品類考(たちばなひんるいこう)』刊。この頃、カラタチバナの斑入奇品が大流行。
1799 11年 ・小野蘭山、71歳、幕府に招かれて江戸に出、幕府医学館で『本草綱目』などを講述。また、関東各地や甲州・伊豆・紀州伊勢などで採薬 (採集) を行う。関連資料『小野蘭山関係資料』
1800 12年 ・江戸渋谷の名主、亀井協従が『北越物産写真』を作る。北越産動植物の図説。
・18世紀後半、ヒメダカ (緋目高) が出現。関連資料『梅園魚譜』
1802 享和2年 ・木村蒹葭堂、没。その『奇貝図譜(きばいずふ)』には、オキナエビス現生種の最古の図がある。関連資料『奇貝図譜』
・薩摩藩御鳥方比野勘六、『鳥賞案子』を記す。鳥類の飼育書で、広く流布した。
1803 3年 ・小野蘭山の江戸での講義を記録した『本草綱目啓蒙』刊行開始。文化2年 (1805) に刊行終了。再版 (1811~29?) 、3版 (1844刊) 、4版 (1847刊) もある。
1804 文化1年 ・『閑窓録』刊、江戸時代唯一の貝化石図鑑。
1808 5年 ・京都で第1回山本読書室物産会。以後ほぼ毎年開かれ、慶応3年 (1867) の第50回に及ぶ。
1809 6年 ・尾張国熱田で、ツノメドリを捕獲。本州で最南の記録か。関連資料『水谷氏禽譜』
1810 7年 ・1月27日、江戸で小野蘭山没、享年82。前々日も講義したが、風邪が急に悪化した。関連資料『小野蘭山公勤日記』
1811 8年 ・栗本丹洲、『千虫譜』の序を記す。虫類図譜の嚆矢で、645品を描く。
1815 12年 ・この頃から文政初年まで、第1次朝顔ブーム。花色や葉型の変異が数多く出現。関連資料『尾陽あさがほ名寄鏡』
1821 文政4年 ・アネハヅルを尾張で捕獲、将軍家斉(いえなり)に献上。関連資料『姉羽鶴之図』
・蘭船がヒトコブラクダ雌雄を持ち渡るが、幕府は受け取らず、出島の蘭館内で飼われる。
・松平定信が別邸の桜124品を谷文晁に描かせる。濃い緑の「浅黄桜」などもある。関連資料『[浴恩春秋両園]桜花譜』
1822 5年 ・蝦夷地箱館の近くでカンムリツクシガモ雌雄を捕獲。本種は20世紀に絶滅した。関連資料『水禽譜』
1823 6年 ・1821年持ち渡りのラクダが民間に引き取られ、見世物として全国を回り、大評判となる。
・シーボルトが来日。6年間も滞在し、長崎の鳴滝塾で多くの蘭学者を育てた。
1825 8年 ・毛利梅園、『梅園百花画譜』の序を記す。草木約1,300品の図説で、嘉永2年 (1849) まで描き続けた。ほかに『梅園禽譜』『梅園魚譜』『梅園介譜』などがある。
1826 9年 ・蘭館長に随行して、シーボルトが1カ月あまり江戸に滞在。関連資料『シーボルト肖像』
1827 10年 ・尾張本草家の会である嘗百社(しょうひゃくしゃ)の人々が、名古屋で最初の薬品会を伊藤圭介宅で開く。嘗百社員は蘭学色が強く、印葉図の作成に巧みであるなどの共通点が目立つ。関連資料『大窪昌章印葉図』
・金太編『草木奇品家雅見(そうもくきひんかがみ) 』刊、斑入(ふいり)など奇品500点を所収。『草木錦葉集』とともに、世界に例が無い奇品植物図譜。斑入草木は、日本で独自に発展したジャンルである。
・本年から翌年まで、伊藤圭介が長崎に滞在し、シーボルトに師事。関連資料『Flora Iaponica (日本植物誌 羅語版)』
1828 11年 ・シーボルトの所持品から、日本地図などの禁制品が発見される (シーボルト事件) 。
1829 12年 ・伊藤圭介編『泰西本草名疏』刊。学名・和名を対照、リンネの分類を初紹介。
・水野忠暁(ただとし)編『草木錦葉集』刊、奇品植物図譜で、1,000品を所収。
・シーボルト、「シーボルト事件」により日本を追放される。
・文政年間以降、オモト (万年青) セッコク (石斛) マツバランなどの斑入(ふいり)や、葉型草姿の変化がもてはやされた。
1830 天保1年 ・岩崎灌園、『本草図譜』の配布を開始する。全92冊、植物1,900品の図説。関連資料『本草図譜記』
1832 3年 ・江戸小石川馬場でアホウドリを捕獲。当時はしばしば各地に飛来していた。関連資料『梅園禽譜』
・江戸蔵前で「小オモト」 (小型オモト) の品評会が開かれ、15品を1組とした水野忠暁(ただとし)編・関根雲停画の一枚刷『小おもと名寄(こおもとなよせ) 』を、少なくとも9種類刊行した。
1833 4年 ・小原桃洞著・小原良直編『桃洞遺筆 初編』刊。二編は嘉永3年 (1850) 刊。当館にはその草稿があり、刊本未収稿が44項も含まれる。
・蘭船がスローロリス・ジャワマメジカ・ハクビシンなどを持ち渡る。関連資料『外国珍禽異鳥図』
1834 5年 ・『みやびのしをり』刊。江戸の花鳥風月案内のうち、もっとも詳しい。ホトトギスに9、クイナ6、ホタル13、ツル8の地名を挙げ、トキも寺島・千住にいると記されている。
・宇田川榕菴著『植物啓原』刊。初めての近代植物学入門書で、形態・生殖生理を解説。
・栗本丹洲、没。『栗氏魚譜』は江戸時代最大の魚類図譜で、1,000品以上を所収。関連資料『魚譜』
・滝沢馬琴編『禽鏡』成る。馬琴は幼少時から鳥類を好み、飼育も相当の腕前だった。本書は内外の鳥類311図の図譜で、大名の所蔵図などの転写も少なくない。
1835 6年 ・『長生草』刊。ランの一種、セッコクの図譜。
1836 7年 ・富山藩主前田利保が赭鞭会(しゃべんかい)会則を作成。この会は、利保、幕臣武蔵石寿、同飯室庄左衛門、同佐橋兵三郎、同設楽貞丈、薬商大坂屋四郎兵衛などの博物家の会で、天保11年 (1840) までの記録が残る。関連資料『赭鞭会品物論定纂』
1837 8年 ・『松蘭譜』刊。原始的シダであるマツバラン90品の図譜。
1838 9年 ・本年より翌年にかけて、錦蘭(ニシキラン)(ミヤマウズラ) が流行。葉の変異が鑑賞の対象。
・山本亡羊著『百品考 初編』刊。二編は嘉永1年 (1848) 、三編は同6年刊。
1842 13年 ・オジギソウが長崎より京都の山本読書室に送られ、人々を驚かす。
1843 14年 ・天保末年からイワヒバ (シダの類) やハナショウブが流行し、幕末に及ぶ。
1844 弘化1年 ・小野蘭山述・(かけはし)南洋補正『重修本草綱目啓蒙』刊。『本草綱目啓蒙』の3版 (木活字版) で、南洋の増補は有用だが、本文には誤植が少なくない。
1845 2年 ・武蔵石寿著『目八譜(もくはちふ)』成る。江戸時代最高の介類図説で、約1,170品を所収。
1847 4年 ・この頃から、第2次朝顔ブーム。一見アサガオとは思えない「変化朝顔」が流行。関連資料『朝顔三十六花撰』
・小野蘭山述・井口望之訂『重訂本草綱目啓蒙』刊。『本草綱目啓蒙』の4版。
1848 嘉永1年 ・この頃から、フクジュソウやオキナグサの変異品が流行。関連資料『七福神草』
1849 2年 ・井口望之編『本草綱目啓蒙図譜』刊。図は見事だが、山草部のみに終わる。
1854 安政1年 ・日米和親条約、締結。
1856 3年 ・飯沼慾斎著『草木図説前編』 (草部) 、刊行開始。文久2年 (1862) に刊行終了。初めてリンネ式分類を採用した図説で、1,200品を収録。
1857 4年 ・幕府、洋学の研究教育機関として、蕃書調所を開設。のち洋書調所、ついで開成所と改名。
1858 5年 ・日米修好通商条約、締結。オランダ・ロシア・イギリスなどとも同様の条約を結ぶ。
飯室(いいむろ)庄左衛門、没?著作に『虫譜図説』『草花図譜』がある。
1859 6年 ・横浜・長崎・箱館を開港、自由貿易が始まり、海外の動植物も続々と流入する。関連資料『新渡花葉図譜』
1860 万延1年 ・ヒョウが渡来、将軍家茂(いえもち)上覧後、江戸で見世物。ただし、「虎」と宣伝したらしい。
・イギリスの園芸家フォーチュンが来日、江戸染井の植木屋の盛況に驚く。
・遣米使節が、ペチュニア・マツバボタン・スイートピーなどの種子を持ち帰る。関連資料『新渡花葉図譜』
1861 文久1年 ・森立之(たつゆき)編・服部雪斎画『華鳥譜』が作られる。
・伊藤圭介、蕃書調所物産学出仕を命じられ、江戸に出る。この頃から先人の資料を積極的に収集し、のちに『植物図説雑纂』『錦窠禽譜(きんかきんふ)』などの資料集を作成。関連資料『伊藤圭介編著の資料集』
・トラが渡来、江戸で見世物。
1862 2年 ・遣欧使節が、チューリップの球根や、クロタネソウ・コスモス・キンギョソウ・パセリ・カリフラワーなどの種子を持ち帰る。この年、パンジーも伝わる。関連資料『新渡花葉図譜』
1863 3年 ・江戸で、フタコブラクダとインドゾウの見世物。関連資料『象及駱駝之図』
1865 慶応1年 ・ライオンが渡来、翌年江戸で見世物。
1868 4年 ・江戸時代が終わる。
Copyright © 2005 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.