年表

  白瀬矗 ロアール・アムンセン ロバート・スコット
1800年代 1861.7 出生(秋田県にかほ市)
(父は浄土真宗浄蓮寺住職)
   
      1868.6 出生(英国・デボンポート)
(軍人家系だが父は醸造会社勤め)
  1872.7 出生(ノルウェー・ボルゲー)
(父は海運業)
 
1879 日比谷・陸軍教導団騎兵科に入団    
1881 陸軍仙台鎮台に赴任   1881 海軍に入隊(13歳で入隊とある)
  1887 高等学校入学、冒険家を志望  
  1890 オスロー大学医学科入学  
1892 予備役に編入される    
1893 千島探検に参加 1893 大学退学、船員となる  
1895 千島・占守島から帰還    
  1897 ベルギーの探検船員として南氷洋へ 1897 海軍大尉に昇進
1899 宮城県に奉職 1899 帰国
オスロー大学入学、物理学等を履修
1899 南極探検を薦められる
1900年代   1900 船長免許取得  
      1901 海軍中佐に昇進
ディスカバリー号で南極へ出発
1902 北海道に奉職    
  1903 ユア号にて北西航路開拓へ出発 1903 南緯82度16分まで到達
1904 日露戦争に従軍   1904 帰国、海軍大佐に昇進
  1905 北氷洋で越年 1905 ヴィクトリアル号艦長になる
1906 帰還、東京市に奉職 1906 北西航路突破に成功  
  1908 北極探検計画を発表  
  1909 4月 北極点にアメリカの探検家ロバート・エドウィン・ピアリーが到達(諸説有)
  9月 ピアリー北極点到達の記事を見る
南極行きを決断、東京市を退職
北極探検計画を変更(発表せず) 9月 南極探検計画を発表
1910 3月 南極探検費用に関する請願を呈出、貴族院で採択される    
      6月 テラ・ノヴァ号で英国を出発
7月 南極探検発表演説会を開催、後援会発足    
  8月 フラム号でノルウェーを出発  
  9月 南極探検計画を発表  
11月 開南丸で日本(品川湾芝浦埋立地)を出発    
1911   1月 南極大陸に到達、越冬開始
  3月 ロス海コールマン島沖(南緯74度16分)で引き返す    
5月 オーストラリア・シドニー入港    
  10月 ベースキャンプから南極点へ出発  
11月 シドニー出港   11月 ベースキャンプから南極点へ出発
  12月 南極点到達(14日)  
1912 1月 ホエールズ湾到達
突進隊、南緯80度5分に到達、「大和雪原」命名(28日)
1月 帰途に就く 1月 南極点到達(17日)
  2月 ホエールズ湾を出発、帰途に就く    
    3月 悪天候のため南極大陸で死亡(44歳)
5月 横浜港に帰着(16日)    
6月 ※開南丸が品川湾芝浦埋立地に帰着(20日)    
    1914 海運業に従事  
  1918 北氷洋へ出発
  1920 北東航路を突破
1921 農商務省嘱託として千島へ赴任  
1924 千島から帰還  
  1926 飛行船で北極横断飛行に成功
1927 アムンセンと会見 1927 来日
  1928.6 遭難者捜索のため北極へ出発
行方不明となる(56歳)
1933 日本極地研究会創立    
1940 文化功労者として表彰される
1946.9 死去(85歳)