第3章 無事三萬哩の航海-探検隊の衣食住

第3章では、白瀬隊の生活面に着目します。南極探検のために準備した衣類や装備や食料のこと、長い船上生活とシドニーでの待機の日々、出会った動物たちなどについて紹介します。

防寒服上の雪片銀のよろいごとし:南極へ向かう衣服

衣類

セーラー服の写真 セーラー服を着た隊員
(出典:春樹多田恵一『南極探検日記』前川文栄閣,大正1【332-321】デジタル化資料ボタン

毛皮の集合写真 芝浦出発前の隊員
(出典:春樹多田恵一『南極探検日記』前川文栄閣,大正1【332-321】デジタル化資料ボタン

防寒具の写真 毛皮服と寝袋
(出典:南極探検後援会編『南極記』南極探検後援会,大正2【297.9-N627n】デジタル化資料ボタン

南極へ向かうには船旅で移動に数か月掛かるのみならず、北半球の日本から南極へは赤道直下を経由しなければなりません。隊員には冬用の防寒具と夏用の避暑的被服が必要でした。多田恵一 (春樹)『南極探検私録』【332-322】 の「被服類」 の記録によると防寒具のほか普段着を持ち、制服にも冬服と夏服があったことが分かります。
衣類の入手に際しては、探検隊へのメリヤスの寄贈を呼びかける記事(石川文学士「南極探檢隊へ裏毛襯衣うらけしゃつを送れ」『日本実業新報』(92), 1910.7【雑45-16】)も掲載されました。
到着した南極大陸の沿岸地方は夏季ということで、『南極記』【297.9-N627n】 によると「メリヤスシャツ三枚に、毛織のジャケツ二枚位で充分」 であり、活動中には汗も出るほどでした。しかし突進隊の進行した内陸では大吹雪に見舞われ、樺太からふと産の犬の皮を裏表二重に縫い合わせた極寒用の毛皮服と寝袋が役立ちました。白瀬矗『南極探検』【297.9-Sh85ウ】 によると「我が突進隊は三日目に大吹雪に遭遇して殆んど危機一髪に陥った。(中略)五人は殆んど一歩も進むあたはず毛皮の雪凍って鎧の如けれど、辟易へきえきするからず嘗膽廿しょうたんにじゅう年の我が體力たいりょくこころみんはこの秋と勇をして大吹雪に反抗しながらズク〱と突進した零度以下三十度!」 と、寒さが厳しいことが分かります。

雪眼鏡

雪眼鏡の絵 雪眼鏡
(出典:多田恵一 (春樹) 『南極探検私録』啓成社,明45.7【332-322】デジタル化資料ボタン

南極大陸では、雪盲(雪面から反射された太陽の紫外線が目に入っておこる障害)を防ぐために雪眼鏡を用意していましたが、不完全なもので、汗で氷結することや視界が悪いことから使用が嫌がられました。隊長である白瀬も向う見ずな性格により大失敗しています。白瀬は著書の『南極探検』に「我は千島探検に経験がある。されどことさらに眼鏡を用ひず何のこれしきの雪に!寒さに!とせ我慢したのは畢生ひっせいの失策!遂に針のやうな飛雪が両眼に入つて遂に両眼の明を失ふた。生兵法法(原文ママ)にはあらねどさて大變たいへんな事になつた。今盲目になつては――と流石頑固さすががんこの自分もほろほろと泣きかねまじい勢しひて眼を開かうとするとそのいたさ、眼の球が飛び出さう。気温はすなわち零度下幾度」 と書いています。幸い失明には至らず、後に回復しました。

雪の如き米の飯:船内の食事

食料

船内の食事メニュー 船内の食事メニュー
(出典:多田恵一(春樹) 『南極探検私録』啓成社,明45.7【332-322】デジタル化資料ボタン

芝浦埋立地出港時には隊員27人の2年分の食料が積み込まれていました。総トン数204トンの小さな開南丸ですから、全ての食品を船倉に収納することは難しく、甲板にまで設置せざるを得ません。南極までの航海中で赤道など暑い地帯を通過する際に傷んでしまった食品も多数ありました。当時の缶詰は密閉性に問題があるものも多かったのです。 『南極記』の「附録 第四章 探檢用糧食の研究」 では、白瀬隊が携行した食料の種類と、携行品としての適性や変質・腐敗の状況が記載されています。主食となる穀類のほかに缶詰・乾物・たる詰の食品などを用意し、中には菓子や果物の缶詰などもあったようです。また、「附録 第六章 樺太犬及橇の研究」 では、突進隊が犬ゾリに乗せた携行品にうま味調味料があることが分かります。極地でもだしにこだわる心意気を感じます。関連電子展示会ボタン

料理

船内の米とぎの様子 船内米とぎ
(出典:白瀬矗『南極探検』博文館,大正2【297.9-Sh85ウ】デジタル化資料ボタン

白瀬隊には、料理専任の隊員がいました。この過酷な環境下でも料理人渡邊近三郎わたなべちかさぶろうの腕は冴えわたり、船内の食事は良好だったようです。熱帯に進みまぐろかつおが釣れるようになると、船上では刺身も供しています。赤道を通過し南半球で迎えた明治44(1911)年の元旦には、『南極記』に「の日の馳走ちそう乾餅ほしもちの雑煮、韶陽魚ごまめ、数の子、鮭、くじらいわし蛤蜊はまぐり等の罐詰かんづめを原料としたるものであった。就中なかんずく最も一同を喜ばしたのは、平素へいそ衛生上もちきたつた麥飯むぎめしに引代へて雪の如き米の飯であった事である」 とあるとおり、代用品とはいえ御節おせちのような料理を作り隊員たちを喜ばせました。さらに、アホウドリやカモメやアザラシも調理しています。渡邊は帰国後に「南極探検隊の料理日記」『婦人世界』7(11),大正元年【雑51-22】などの連載記事を発表しました。

狩りや釣り

アホウドリなどは隊員たちが仕留めたものであり、探検隊の携行品には猟銃なども見られます。狩りや釣りは長閑のどかな航海中にあって、隊員たちの志気を高める効果があったようです。

捕獲したアザラシと隊員の写真 捕獲したアザラシと隊員
(出典:南極探検後援会編『南極記』南極探検後援会,大正2【297.9-N627n】デジタル化資料ボタン

鳥猟の絵 鳥猟
(出典:多田恵一 (春樹) 『南極探検私録』啓成社,明45【332-322】デジタル化資料ボタン

釣騒ぎの絵 釣騒ぎ(同左)デジタル化資料ボタン

さめ退治の絵 さめ退治(同左)デジタル化資料ボタン

金殿又玉樓きんでんまたぎょくろう:船中及びシドニーの生活

船中生活

航海中の入浴の様子 航海中の入浴
(出典:白瀬矗『南極探検』博文館,大正2【297.9-Sh85ウ】デジタル化資料ボタン

南洋航海中は風のない日が続くこともあり、暑さとの戦いでした。かつて漁船であった開南丸の狭い船室は油と魚臭さで寝苦しく、厳しい暑さに耐えかねて甲板で露営ろえいする隊員も多くいました。しかしスコールに見舞われることもあり、安眠はできなかったようです。
雨は、隊員を悩ませるばかりでなく恵みの雨でもありました。水は貴重であるため、風呂にも毎日は入れず、真水を節約するために海水を使うこともありました。そこで隊員たちは雨が降ると、こぞって服を脱ぎ水浴びと洗濯にいそしみました。

娯楽

気晴らしの様子 気晴らし
(出典:白瀬矗『南極探検』博文館,大正2【297.9-Sh85ウ】デジタル化資料ボタン

目的地までの長い航海中、隊員たちは道中の無聊ぶりょうなぐさめるために様々に趣向を凝らしました。寄贈された本を読むほか、集まればお喋り、囲碁・将棋などの遊戯、相撲大会、蓄音機ちくおんきによるレコード鑑賞会などを行い、風流人であった多田は尺八や詩吟しぎんなどもたしなんだようです。ウェリントン上陸前には、腕前を買われた数人の隊員による散髪会も催されました。

シドニーの天幕生活

シドニーでの隊長と隊員の写真 シドニーでの隊長と隊員
(出典:南極探検後援会編『南極記』南極探検後援会,大正2【297.9-N627n】デジタル化資料ボタン

船中生活の次に探検隊が長く過ごしたのは、シドニーでの待機の日々でした。『南極探検』の「第七章 志度尼の六ヶ月」 では、シドニーでの生活について語られています。最初の停泊地ウェリントンを明治44(1911)年2月11日に抜錨しましたが、海面の氷結と悪天候により3月14日には引き返さざるを得なくなりました。5月2日にシドニーに入港したものの、白瀬たちは胡散うさん臭い密猟者の疑いを掛けられ、滞在許可が出るまでに1週間もの時間が掛かりました。滞在が許可された後も、次の出港は南極海の氷が解けるまで待たなければならず、予算に余裕が無い白瀬隊は金策に走ります。一部の隊員たちは資金集めのために帰国し、シドニーに残った他の隊員たちは、船に積んでいた極地のベースキャンプ用のバラック設備を利用した天幕生活をしました。

シドニーでの出会い

シドニー大学デイビット教授と武田学術部長の写真 シドニー大学デイビット教授と武田学術部長
(出典:白瀬矗『南極探検』博文館,大正2【297.9-Sh85ウ】デジタル化資料ボタン

突然現れた白瀬隊を、現地新聞は東洋のゴリラが来たと宣伝しました。見物人も押し掛ける始末。しかし、シドニー大学の教授エッジワース・デイビット(Thomas W. Edgeworth David)の反論に助けられます。デイビットは、シャクルトンとともに南極を探検したメンバーのうちの一人であり、白瀬たちのよき理解者でした。
白瀬は天幕で出すお茶にもこと欠きながら、接客に追われる日々を送ります。街に出る際には、馬鹿にされないために常時制服を着用していました。また、白瀬は武田学術部長や三井所みついしょ衛生部長とダンスパーティに招待されたこともあり、無骨な振る舞いでしたが、シドニーの女性たちには好まれたようです。

14) 島義武しまよしたけ『南極探検と皇大神宮こうたいじんぐう奉斎ほうさい』 思想善導図書刊行会,昭和5【578-346】 デジタル化資料ボタン

開南丸の絵

南極探検に事務長として参加している島義武の本です。
島は南極大陸に上陸し沿岸探検支援隊として活動しました。一隊員視点の南極探検記として、自負や思いが熱く語られています。
この中の「シドニー滞泊たいはく中の苦心」 の項で、シドニーでの生活について語っており、在留邦人商館を訪ねて寄附金を募り糊口を凌いだことや、あかじみた下着しかないため外国人との面会を断ったことなど、隊員たちのつらい生活が垣間見えます。

シドニーキャンプの写真 シドニーキャンプ
(出典:白瀬矗『南極探検』博文館,大正2【297.9-Sh85ウ】デジタル化資料ボタン

シドニーでの園遊会の写真 シドニーでの園遊会(同左)デジタル化資料ボタン

シドニーの同情者の写真 シドニーの同情者(同左)デジタル化資料ボタン

少女らが白瀬隊を送る様子 少女ら白瀬隊を送る(同左)デジタル化資料ボタン

輓犬ばんけんの箱詰生活:探検隊と動物

連れて行った動物

開南丸では犬や豚のほかにも、多田が個人的に連れてきた猫などが飼われていました。

15) 春樹多田恵一『南極探検日記』前川文栄閣, 大正1【332-321】 デジタル化資料ボタン

南極探検日記

本書は、南極探検からの帰還後わずか2か月程の大正元(1912)年8月3日に発行されました。書記長であった多田が書いた日誌をまとめたもので、南極探検における時間の流れについても分かりやすく記述されています。
船内の生活も詳細に書き出されており、連れて行った動物は犬や豚のほかに、当初は満州馬も加わる予定でした。しかし、調達した船が馬を積み込める大きさではなくなったため、外されました。

犬ぞりを走らせる白瀬隊の写真 犬ゾリを馳せる白瀬隊
(出典:南極探検後援会編『南極記』南極探検後援会,大正2【297.9-N627n】デジタル化資料ボタン

犬を置いていく様子の絵 犬を置いていく
(出典:多田恵一 (春樹) 『南極探検私録』啓成社,明45【332-322】デジタル化資料ボタン

猫は、多田の飼い猫であり、玉太郎という名前でした。飼い主の多田は大変可愛がっていましたが、いたるところで用を足してしまう悪い癖があり、隊員からの評判は良くなかったようです。『南極探検私録』によると、隊長である白瀬から猫と共に下船するよう命じられる「一大迫害」 を受け、多田は玉太郎を海へ投じてしまいます。
豚は当初1貫(約3.75kg)で、明治44(1911)年1月22日に食する際には15貫余り(約56.25kg)まで成長しました。白瀬は『南極探検』に「生育しんおどろくに堪へたり。人間もく成長したらば面白かるべし」 と述懐しています。隊員みんなで美味しく食べました。
犬は、南極到着後の犬ゾリ用に用意されたものでした。一度目に南極に向かう航海で30頭中1頭を残して死んでしまいます。後に死因は寄生虫と判明します。これを踏まえ、二度目に南極に向かう航海の準備のために虫下しを飲ませた犬を船に載せたところ、欠けることなくシドニーに運ぶことができました。しかし再び30頭になったこの犬たちも、南極大陸で行動中に命を落とし、さらには南極を離れる際に積み込みが困難であったことから、連れて帰ったのはわずか6頭でした。犬係として探検隊に参加していた山辺安之助は、本人の口述を元に金田一京助が編集した『あいぬ物語』【289.1-Y154a-K】に収蔵された文章(山辺安之助「十一章南極探檢(下)」)において、犬とのつらい別れをアイヌ語で語っています。

南極の生物

これら連れてきた動物のほかに、南極探検での航海中では様々な生物と出会いました。『南極記』の「附録 第一章 南極圏採集標品調査報告」 でその成果が記載されています。また「南極探檢隊の歸朝きちょう」『風俗画報』(433)1945.6【雑23-8】には、その保存運搬方法として「ペンギン四種、海燕うみつばめ三種、海豹あざらし四種、かもめ信天鳥ばかどり(原文ママ)、魚類各種にして。鳥類は剥製はくせいとし魚類は酒精しゅせいに漬けたり」と記録されています。このうち、採集したペンギンの一羽は大隈重信を通じ明治天皇へ献上されました。これは近年の調査により判明し、現在はJPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」に寄託されています。

16) 多田恵一『南極土産 片吟鳥の話 第1編』 春陽堂, 大正1【児乙部12-T-3】 デジタル化資料ボタン

南極土産

南極で出会った生き物のお話第一弾で、ペンギンに特化した本です。絵が散りばめられた、子供向けの可愛らしいつくりになっています。
また、続編として出された多田恵一『南極みやげ 第2編』【特112-245】 は、ペンギン以外の鳥類を紹介しています。
多田は絵が得手だったようで、このほかの著述にも自身の描いた絵を多数載せています。

ペンギンの初捕獲の絵 ペンギンの初捕獲
(出典:多田恵一 (春樹) 『南極探検私録』啓成社,明45.7【332-322】デジタル化資料ボタン

氷上のペンギンの写真 氷上のペンギン
(出典:南極探検後援会編『南極記』南極探検後援会,大正2【297.9-N627n】デジタル化資料ボタン

ペンギンと隊員の写真 ペンギンと隊員(同左)デジタル化資料ボタン

南極圏内採集の鳥類の写真 南極圏内採集の鳥類(同左)デジタル化資料ボタン