• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > サービス概要 > 資料の貸出し

資料の貸出し

当館では個人に対する資料の貸出しを行っていませんが、お近くの図書館や所属の大学図書館などを通じて図書館間貸出しサービスを利用することができます。ただし、以下に述べるようにさまざまな制限があります。
※海外の図書館へ資料を貸し出しすることもできます。国際図書館間貸出しサービスについては以下のページをご覧ください。

貸出しを受けることができる図書館

図書館間貸出しサービスに基づいて当館の資料を借りることができるのは、当館の図書館間貸出制度に加入申請し、承認を受けた機関に限られています。
お近くの図書館がこの制度に加入しているかどうかについては、直接お近くの図書館にお問い合わせください。

貸出しできる資料

当館所蔵のすべての資料を貸出しできるわけではありません。
図書館間貸出しサービスに基づいて貸し出すことができる資料は、概ね昭和23年の当館設立以降に受け入れた和洋の図書とお考えください。
雑誌・新聞などは貸し出していません。また、劣化や損耗の激しい資料や貴重書、大型本や参考図書なども貸出しできません。

貸出期間

図書館に貸し出す期間は、往復の郵送に要する日数も含めて1ヶ月以内です。

利用上の制限

  • 図書館内でのみ閲覧できます
    資料を閲覧できるのは、貸し出された図書館の中に限られます。自宅に持ち帰ることはできません。
  • 原則として貸出先での資料の複写はできません
    国立国会図書館資料利用規則第50条及び国立国会図書館国際子ども図書館資料利用規則第31条により、当館の資料を貸し出された図書館のコピー機などで複写することはできません。複写が必要な場合には、資料を返却してから改めて当館にお申し込みください。
    ただし、借り受けた資料の複写を行うことについてあらかじめ当館の承認を受けた図書館においては、資料の複写が可能です。

※詳しくはお近くの図書館や所属の大学図書館にお問い合わせください。

このページの先頭へ