• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > サービス概要 > 複写サービス >遠隔複写サービス

遠隔複写サービス

遠隔複写サービスは、来館いただくことなく複写を申し込み、郵送又は宅配便で複写製品を受け取ることができるサービスです。

  • 登録利用者制度により利用者登録をしていただいている方へのサービスです。
  • ご利用にあたり、「複写料金」「発送事務手数料」「送料」がかかります。また、これらの料金をお支払いいただく際の振込手数料も別途ご負担いただきます。
  • 複写サービスは、著作権法その他の関係法規に基づいて行うため、希望どおりに複写サービスを提供できない場合があります。詳しくは、「著作権にかかわる注意事項」をご覧ください。
  • 資料を国民の文化的財産として永く後世に伝える国立国会図書館の使命にかんがみ、複写サービスは、資料保存との両立を図りながら行います。このため、複写できない資料や複写方法に制約のある資料があります。また、資料に大きな負担をかけるような方法での複写は、行うことができません。
  • 複写サービスは、限られた要員で多くの利用者のニーズに応える必要があることから、一定の時間内に一定の品質で提供することとしています。このため、複写方法、複写物の提供方法等について、個別的な特別の注文には応じることができません。

複写対象資料

  • 複写する資料は、国立国会図書館の所蔵資料及び契約により館内で利用できる電子ジャーナルに限ります。
    電子ジャーナルの遠隔複写については、日本国内在住の個人の方からのお申込みのみお受けしています。詳細は「来館せずに電子ジャーナルの複写を申し込むには」をご参照ください。
  • 以下の資料は遠隔複写サービスの対象外です。
    • 住宅地図
    • 電子資料、録音映像資料(CD、DVD等)

申込条件

  • ご利用いただけるのは、「登録利用者制度」により利用者登録をしていただいている方のみです。
    なお、利用者登録をされていない方は、お近くの図書館を通して複写をお申し込みいただける場合があります。詳細につきましては、それぞれの図書館にご相談ください。
  • 複写する資料と複写箇所が正確に特定できていることが必要です。
    なお、複写箇所特定には次のような情報が必要です。
図書 「書名」に加え、「論文等のタイトル(当該図書の目次から複写箇所が特定できる情報)」か「論文等の掲載ページ」
雑誌 「誌名」と「巻号(又は発行年月日)」に加え、「論文等のタイトル(又は著者名等、当該雑誌の目次から複写箇所が特定できる情報)」か「論文等の掲載ページ」
新聞 「新聞名」と「版元(東京版、大阪版等)」と「発行年月日」と「朝・夕刊の別」に加え、「記事名(見出し)」か「掲載面」
論文等のタイトル・著者名・掲載ページや、新聞等の記事名(見出し)・掲載面が不明な場合は、以下のサービス等を利用の上、事前に複写箇所を特定してください。
  • 当館への記事掲載箇所の調査依頼(試行サービス)
    掲載資料の書名(誌名)及び請求記号をあらかじめ特定しておく必要があります。詳細は「記事掲載箇所の調査依頼(試行サービス)」をご覧ください。
  • お近くの公共図書館や所属の大学図書館が行っているレファレンスサービス(調べ物相談)
  • 目次ページの複写申込み
    まず目次の複写を申し込み、タイトル・著者名・掲載ページ等を確認してから、改めて遠隔複写サービスを申し込む方法です。

申込の上限件数

登録利用者(機関) 登録利用者(個人)
NDL-OPAC 申込者単位で東京本館、関西館および国際子ども図書館3館の合計で30件まで * 東京本館、関西館および国際子ども図書館3館の合計で30件まで
郵送用資料複写申込書 申込者単位で東京本館、関西館および国際子ども図書館3館の合計で20件まで 東京本館、関西館および国際子ども図書館3館の合計で20件まで
*
論文、記事等の複写箇所1箇所をもって1件の申込みとします。
上記の上限件数を超える申込みの際は、複数回に分け、先に申し込んだ製品を受け取ってから次の分をお申し込みください。

特別複写許可申請書の提出

次の場合には、お申込みと同時に「特別複写許可申請書(PDF: 486KB)」の提出が必要となります。

  • 使用目的が「調査研究の用に供するため」以外の複写(裁判所への提出用など)
  • 憲政資料室・古典籍資料室所蔵資料などのうち、特別の扱いを要する資料群(PDF: 486KB)の複写
  • 著作権者の許諾を受けて行う複写

申込後のキャンセル(取消し)について

国立国会図書館における資料の複写サービス利用上のお願い」のとおり、申込後のキャンセル(取消し)はできません。

このページの先頭へ

申込方法には次の2つがあります。

海外から複写を申し込む場合は、「海外から申し込む」をご参照ください。

インターネットで当館に直接申し込む

申し込むには

登録利用者IDとパスワードを入力してNDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)にログインし、検索結果から複写申込みの画面に進むことができます。
複写物の使用目的が「調査研究の用に供するため」の場合のみ、申し込むことができます。

一部インターネットから申込みができない資料があります。

入力方法についてはNDL-OPACの「ヘルプ」をご覧ください。

著作権者から許諾を受けた場合の「許諾書」や、複写箇所の特定に必要な資料がある場合、「特別複写許可申請書(PDF: 486KB)」が必要な場合は、別途、関西館文献提供課複写貸出係まで郵送してください。なお、その際は、申込画面の「備考」又は「論文名・補記等」欄に、「許諾書別送」「申請書別送」等とご入力ください。
申込内容や処理状況を確認するには

NDL-OPACの「申込状況・利用者情報」画面(要ログイン)で、申込内容と、申込後の処理状況をご確認いただけます。処理中の状態にある場合は「申込を受付けました」又は「複写の可否を確認中です」と表示し、複写作業が終了して製品を発送した場合、又は、複写ができない理由を通知した場合は表示が消えますので、控えが必要な場合は、申込み完了後すぐに控えを取っておくことをお勧めします。
申込後は、随時、「申込状況・利用者情報」画面をご確認ください。

複写ができない場合には

何らかの理由で複写ができなかった場合は、次の方法でお知らせいたします。

  • 連絡先メールアドレスを登録されている方:電子メールでお知らせいたします。
  • 連絡先メールアドレスを登録されていない方:郵便またはFAXで書面をお送りいたします。
間違って申し込んだ場合には

誤って申込情報を送信してしまったというような場合は、至急、お電話でご連絡ください。なお、複写作業が始まっている場合は、複写物をお送りするとともに、所定の料金を申し受けます。

郵送で当館に直接申し込む

申し込むには

所定の申込書(「郵送用資料複写申込書(PDF: 1MB)」)を用いて、郵送にて複写を申し込むことができます。
なお、次の場合は、インターネットでの申込みができません。必ず郵送にてお申し込みください。

  • NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)で検索・申込みできない資料の場合
  • 複写物の使用目的が「調査研究の用に供するため」以外の場合(裁判所への提出用など)

所定の申込書は、お近くの公共図書館、所属の大学図書館で入手できるほか、お電話でお問い合わせいただければ郵送いたします。
国立国会図書館における資料の複写サービス利用上のお願い」をご確認のうえ、複写申込書に必要事項を漏れなく記入し、次の宛先まで郵送してください。

国立国会図書館関西館 文献提供課複写貸出係
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

著作権者から許諾を受けた場合の「許諾書」や、複写箇所の特定に必要な資料、特別複写許可申請書(PDF: 486KB)等がある場合は、同封してください。
申込内容や処理状況を確認するには

インターネットがご利用いただける場合には、NDL-OPACの「申込状況・利用者情報」画面(要ログイン)で、申込内容と、申込後の処理状況をご確認いただけます。処理中の状態にある場合は「申込を受け付けました」又は「複写の可否を確認中です」と表示し、複写作業が終了して製品を発送した場合、又は、複写ができない理由を通知した場合は表示が消えます。
申込後は、随時、「申込状況・利用者情報」画面をご確認ください。

複写ができない場合には

何らかの理由で複写ができなかった場合は、電子メール、郵便またはFAXで書面をお送りいたします。

間違って申し込んだ場合には

誤った申込書を郵送してしまったというような場合は、至急、お電話でご連絡ください。なお、複写作業が始まっている場合は、複写物をお送りするとともに、所定の料金を申し受けます。

このページの先頭へ

図書館等から申し込む

お近くの公共図書館、所属の大学図書館を通じて当館所蔵資料の複写を申し込み、複写製品を受け取ることができます。お近くの図書館が当館の遠隔複写サービスに対応しているかどうかは直接それぞれの図書館にお問い合わせください。

お近くの公共図書館、所属の大学図書館を通じて申込みをされた複写に関するお問い合わせは、それぞれの図書館にお願いします。

このページの先頭へ

複写方法

国立国会図書館における資料の複写サービス利用上のお願い」のとおり、複写サービスは、資料保存との両立を図りながら行います。複写製品の作成に使用する資料は当館が選択します。資料形態や所蔵館について指定することはできません。このため、申込時に選択した所蔵資料が、別の施設の所蔵資料に変更されることがあります。

製品は実際に複写に使用した資料の所蔵施設から発送しますので、あらかじめご了承ください。

次のような事例が発生する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 例1
    東京本館所蔵資料のみを選択して複数の申込みを行っても、一部が東京本館から一部が関西館からというように複数の施設から発送されることがあります。この場合、それぞれについて別に送料と発送事務手数料がかかります。
    また、それぞれの製品の発送日・到着日が異なる可能性があります。
  • 例2
    マイクロ資料等の代替資料がある場合やデジタル画像に複製している場合はその代替資料を使用します。
    デジタル画像に複製している場合のプリントアウト製品のイメージ

特にご指定がない場合には、資料の形態、大きさ等に合わせた紙サイズで、モノクロで複写をいたします。また、拡大・縮小はいたしません。
複写方法のご希望がある場合、インターネットから申し込むときは「論文名・補記等」(最大全角200文字まで)又は「備考」(最大全角16文字まで)欄に、郵送又は図書館経由で申し込むときは申込書の「備考」欄に記入してください。(例:カラーページはカラー複写希望、見開きでの複写希望など)

複写製品は、原則として次のように作成いたします。

1ページがA4サイズの冊子 A4サイズの用紙に片面1ページで複写
2ページ(見開き)がB4サイズ以下の冊子 B4又はA4サイズの用紙に見開きで複写
A3サイズを超える折込ページ等 A3サイズ以下の用紙に分割して複写
2ページ(見開き)がA3サイズの冊子をカラーで複写する場合 A3サイズの用紙に見開きでカラー複写
又はB4サイズの用紙に片面1ページでカラー複写
※カラー複写は用紙の縁が5mm程度印刷できないため、資料の端までカラーの場合には、原資料よりも大きい用紙サイズで複写します。そのため、見開きA3サイズの資料でも片ページB4サイズで複写することがあります。
マイクロフィッシュ
(資料を撮影したシートフィルム)
  • 普通紙への引伸ばし
    1コマをB4サイズの用紙に見開きで複写
    ※カラー複写はできません。
  • マイクロ複製
    フィッシュからフィッシュへプリント
マイクロフィルム
(資料を撮影したロールフィルム)
  • 普通紙への引伸ばし
    1コマをA4サイズの用紙に見開きで複写
    (新聞は1コマ(1面)をA3サイズの紙に1面を複写)
    ※カラー複写はできません。
  • マイクロ複製
    フィルムからフィルムへプリント
    ※35mmフィルムのみ複製可能です。16mmフィルムは対象外です。
    ※元の資料から白黒反転します。
デジタルデータ 元の資料が2ページ(見開き)でA4サイズ以下の場合、A4サイズの用紙に見開きで印刷
元の資料が2ページ(見開き)でA4サイズより大きい場合、A3サイズの用紙に見開きで印刷
※デジタルデータの複写では、用紙の右下に「国立国会図書館/National Diet Library 2012/4/1」と出所明示と日付が印刷されます。

このページの先頭へ

発送方法・日数

発送方法

日本国内への発送 郵便と宅配のいずれか料金の安価な方法を当館で判断して発送します。
宅配や郵便など、発送方法を指定する場合は、「論文名・補記等」欄に入力してください。
海外への発送 航空便で発送します。EMS発送をご希望の場合は、「論文名・補記等」欄に「EMS希望」と入力してください。

来館してお受け取りいただくこと、FAX又は電子メールで送信することはできません。

発送先

インターネット(NDL-OPAC)によるお申込み NDL-OPACの「申込状況・利用者情報」画面でご指定の住所
※当館から発送する時点で指定されている住所にお送りします。
「郵送用資料複写申込書」によるお申込み 「郵送用資料複写申込書」に記載された住所
公共図書館や大学図書館からのお申込み 申込みを依頼された図書館
発送先住所には、アパート名、マンション名、ビル名、会社名、気付など、詳しく正確に記入してください。郵便局留めを指定することはできません。
不達(発送先に複写製品が届かないこと)のために再発送することとなった場合には、再発送にかかる料金も併せて申し受けます。

複写製品の梱包方法

A4サイズ、B4サイズ、A3サイズ 製品を折らずに封筒に入れて発送します。
封筒は「複写製品のうち最も大きいサイズの紙を折らなくても入れることができる」大きさのものを使用します。
A2サイズ 製品を筒状に丸めて発送します。
B4サイズ、A3サイズ、A2サイズの複写製品については、二つ折り(それぞれB5サイズ、A4サイズ、A3サイズになります)で発送することも可能です。二つ折りでの発送をご希望の場合は、「論文名・補記等」欄に入力してください(例:「B4サイズ以上は二つ折り希望」)。
なお、枚数が多い場合は二つ折りに対応できないことがあります。
また、三つ折り以上の折り曲げ、A4サイズの二つ折りはお受けできません。

複写製品が個別に発送されるとき

国立国会図書館における資料の複写サービス利用上のお願い」のとおり、複写作業は、使用する資料を所蔵している施設ごとに行い、それぞれの施設から発送します。

同じ日にお申込みいただいたものは、原則として施設ごとにまとめて発送します。ただし、作業工程が異なった場合などはそれぞれ個別に複写製品を発送する場合があります。

発送までの日数

申込み受付後、5開館日程度で発送します。ただし、複写箇所の特定に時間がかかる場合や、申込みが大量の場合などには、さらに日数を要することもあります。
なお、複写製品の到着日や発送日を指定することはできません。

申し込んだ複写製品が届かないとき、届いた複写製品に不備があるとき

インターネットで申し込んでから15日程度(郵送で申込書を送付した場合は20日程度)経っても複写製品が届かない場合、又は届いた複写製品に不備がある場合には、お電話でお問い合わせください。
なお、複写製品が届かない場合のお問い合わせに当たってはNDL-OPACの「申込状況・利用者情報」画面(要ログイン)や複写ができなかった場合の連絡(電子メール又は郵便による書面)を事前にご確認ください。

このページの先頭へ

支払方法・料金

支払方法

複写製品に請求書・振込用紙等を同封しますので、製品をご確認の上、受取後20日以内に、金融機関又はコンビニエンスストアにてお支払いください。なお、振込手数料は、申込者のご負担となります。

請求書は発送単位で作成しています。請求書の宛名は、次のようになります。

  • 個人の登録利用者=利用者氏名
    • *発送先が学校になっている場合=学校名+利用者氏名
    • *発送先が企業になっている場合=企業名
  • 公共図書館=申込者氏名
  • 学校図書館=学校名+申込者氏名
  • 図書館以外の機関(企業等)=機関名

ご希望により請求書の宛名を変更することは可能です。ただし、同時発送する複写製品の請求先は、複数に分けることはできません。宛名を変更する場合は、変更を希望される申込み1件ずつの「論文名・補記等」欄に入力してください。

製品受取後20日以内の請求書はまとめてお支払いいただけます。ただし、請求書に記載の『受付No』を全てご連絡いただく必要があります。詳しくは請求書をご確認ください。

料金

複写料金の見積りが必要な場合は、複写のお申込みの際に、「論文名・補記等」欄又は他の部分に「見積り希望」とご記入ください。複写作業前に、担当から電話で概算を連絡します。なお、申込み前の見積書の発行は行っておりません。

このページの先頭へ

遠隔複写サービスに関する問い合わせ先

遠隔複写サービスに関するお問い合わせは、お電話でお願いします。

FAXや電子メールでの遠隔複写サービスに関するお問い合わせはお受けしておりません。
  • 関西館:文献提供課複写貸出係
    〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
    0774-98-1313(関西館開館日の10時~18時)
    1. 東京本館所蔵資料の複写についてのお問い合わせ
      東京本館:利用者サービス部複写課遠隔複写係
      03-3581-2534(東京本館開館日の9時30分~17時45分)
    2. 国際子ども図書館所蔵資料の複写についてのお問い合わせ
      国際子ども図書館:資料情報課情報サービス係
      〒110-0007 東京都台東区上野公園12-49
      03-3827-2053(代表)(国際子ども図書館開館日の9時30分~17時)

このページの先頭へ