• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > サービス概要 > 利用上のお願い・注意事項

当館利用上のお願い・注意事項

国立国会図書館では、「国立国会図書館資料利用規則」(平成16年国立国会図書館規則第5号)及び「国立国会図書館東京本館及び関西館における来館利用上のお願い」に基づき、来館利用サービスを提供しています。来館にあたっては、以下の点にご注意ください。

来館時間

国立国会図書館の開館時間は東京本館関西館国際子ども図書館で異なります。あらかじめ開館時間をご確認の上、ご来館ください。
なお、資料の請求と当日渡し複写の申し込み時間は閉館時間よりも早く終了しまので、ご注意ください。また、資料の検索にも多少の時間がかかりますので、時間に余裕を持って来館されるようお願いします。

館内への持ち込み

中身の見えないカバンや紙袋・封筒などでB5判以上のものは持ち込めません。中身の見える透明な袋やクリアケースなどには大きさの制限はありません。筆記用具や財布・貴重品などはこのようなものに入れて、ご自分でお持ちください。

  • 携帯電話・PHSは、館内ではマナーモードに切り替えてください。使用に際しては所定の場所でお願いします。
  • パソコン・ワープロ・音の出る電卓などの使用は機器使用コーナーでお願いします。(電源使用可の場所あり。)
  • 喫煙は所定の喫煙室でお願いします(国際子ども図書館は全館禁煙です)。資料を利用しながらの喫煙は絶対にしないでください。
  • 持参したお弁当などは、所定の場所で食べてください。資料を利用しながらの 飲食は絶対にしないでください。

入館資格

東京本館、関西館は満18歳以上の方であれば、どなたでも入館・利用できます(お子様を同伴しての入館はできませんので、ご注意ください)。
満18歳未満の方には、調査研究のために必要な場合に利用できる枠組みを用意しております。ただし、お近くの公共図書館等で資料を利用できる場合は、そちらにご相談くださるよう案内する場合もあります。詳しくは、よくあるご質問をご覧ください。
国際子ども図書館はどなたでも利用できます(一部の資料室については入室の手続きが必要となります)。

利用者カード

資料の検索には登録利用者カードもしくは当日利用カードが必要となります。紛失しないようご注意ください。特に、検索端末などに置き忘れないよう、十分にご注意ください。紛失された際は、お近くのカウンターもしくは受付の係員へお申し出ください。

  • 東京本館、関西館では当日利用カードでは書庫内資料の利用、後日複写等のサービスが利用できません。当館のサービスを十分に利用できません。利用者登録をしてご利用ください。

このページの先頭へ