• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 出版者(出版社等)の方へ

出版者(出版社等)の方へ

図書、雑誌、地図、レコード、マイクロフィルム、パッケージ系電子出版物等を含む出版物を発行されている方や、電子書籍、電子雑誌等を含むインターネット情報を発信されている方に、ご覧いただきたい情報をまとめています。

各制度・取組の趣旨をご理解いただき、関係者のみなさまのご協力をお願いいたします。

民間出版者(出版社等)の方へ

お知らせ rss

ご協力のお願い

国の機関・地方公共団体等の方へ

ご協力のお願い

資料収集等のための制度・取組

納本制度

「納本制度」とは、図書等の出版物をその国の責任ある公的機関に納入することを発行者等に義務づける制度のことです。日本では、国立国会図書館法(昭和23年法律第5号)(PDF: 319KB)により、国内で発行されたすべての出版物を、国立国会図書館に納入することが義務づけられています。

インターネット資料の収集

国立国会図書館では、更新・改廃されやすいインターネット上の情報を将来にわたってご利用いただけるよう、ウェブサイトを収集・保存しています。国・地方自治体等の公的機関のウェブサイトは、国立国会図書館法(PDF: 319KB)に基づいて網羅的に収集・保存し、民間のウェブサイトは許諾に基づいて選択的に収集・保存しています。

オンライン資料収集制度

オンライン資料とは、インターネット等により出版(公開)される電子情報で、図書又は逐次刊行物に相当するもの(電子書籍、電子雑誌等)を指します。

国立国会図書館では、電子書籍、電子雑誌等を文化財として蓄積し、将来にわたってご利用いただけるよう、平成25年7月1日から、国立国会図書館法(PDF: 319KB)に基づいて、無償かつDRM(技術的制限手段)のないものに限定して、民間で出版されたオンライン資料を収集・保存しています。

オンライン資料収集制度 オンライン資料収集制度の愛称は、「eデポ」です。

ISSN日本センター

ISSN (International Standard Serial Number: 国際標準逐次刊行物番号) は、逐次刊行物を識別するための国際的なコード番号です。

資料デジタル化について

国立国会図書館は、著作権者・出版者団体、大学、図書館など関係の団体や機関と、継続的に協議を行い、合意に基づいて、資料のデジタル化とその利用提供を行っています。

このページの先頭へ