• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 76号(平成29年4月)

びぶろす-Biblos

76号(平成29年4月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
4. 【支部図書館紹介】
合同庁舎4号館の支部図書館・分館を見学して

宮内庁書陵部図書課 溝口 絵理奈

1.はじめに

平成28年度国立国会図書館行政・司法各部門支部図書館職員特別研修として1月20日に行われた、「支部内閣法制局図書館、支部消費者庁図書館、支部農林水産省図書館農林水産政策研究所分館及び支部海上保安庁図書館海洋情報部分館見学」に参加いたしました。いずれも、東京・霞が関の中央合同庁舎4号館(以下、「4号館」という。)内に設置されている図書館・分館です。

以下、訪問順に見学会の内容について御報告いたします。

2.支部海上保安庁図書館海洋情報部分館

海上保安庁図書館海洋情報部分館では、国内外の水路図誌や水路業務の関連資料を収集・所蔵しています。


海洋情報部分館入口から

平成28年5月に江東区青海の庁舎から4号館へ移転した際、従来と比べ面積が狭くなった等の事情で、約3万冊あった蔵書を約1万冊にまで、廃棄や移管により減らしたとのことです。なお、大部分の資料の移管先である、日本海洋データセンター(海洋情報部内の組織)の資料庫は青海にあるため、必要に応じ職員が青海まで赴いて資料を受け取り、霞が関にて利用者に提供することもあるそうです。

現在は同庁職員のみ利用可能ですが、合同庁舎に移転したことで、今後は他省庁職員の利用や、4号館内の他の支部図書館との連携等も検討しているとのことでした。

3.支部消費者庁図書館

消費者庁図書館は、同庁の設置に伴い平成22年に開館した、比較的新しい支部図書館で、消費者行政の実務に必要な資料を中心に収集・所蔵しています。


消費者庁図書館入口から。右手にカウンター

蔵書数は約3,300冊と小規模なため、中央館(国立国会図書館)や各支部図書館との相互貸出制度を活用する機会も多いそうです。

室内はこじんまりとしていますが、蔵書は分かりやすく綺麗に整理されており、利便性は大変高いと感じました。入口付近のカウンター周りや、室内の通路を広く取ることで、限られたスペースの中でも快適に利用できるよう追求されている印象を受けました。

4.支部内閣法制局図書館

内閣法制局図書館では、法律関係の図書を中心に、職員が業務を遂行するために必要な資料を収集・所蔵しています。

同局の事務室内の一部に図書館があるという印象を受けましたが、蔵書数は約27,000冊と、見た目の印象に比して非常に充実しています。

東日本大震災の際に、多くの図書が棚から落下してしまった経験を踏まえ、全ての棚に専用の滑り止めシートを敷いているとのことでした。やや図書が取り出しづらくなるのが難点とのことですが、落下防止装置等と比べて手軽に導入できるのが、特に小規模館にとってメリットではないかと感じました。


内閣法制局図書館

5.支部農林水産省図書館農林水産政策研究所分館

農林水産省図書館農林水産政策研究所分館では、農林水産分野の社会科学研究に資する資料を幅広く収集・所蔵しています。特に洋書・洋雑誌は大変充実しています。

広い書庫スペースに多数の蔵書が並ぶ様子に圧倒されましたが、4号館移転時(平成20年)に約15万冊もの蔵書を支部農林水産省図書館農林水産技術会議事務局つくば分館等に管理換することで、規模を縮小(現在の蔵書数は約20万冊)しているそうです。また、移転後は4号館内の8つの書庫に蔵書を分散させています。

同館ではエイメリー文庫1や東畑文庫2等の特殊コレクション3を有しており、脱酸化処理など、資料保存にも力を入れています。


エイメリー文庫

6.おわりに

今回見学したいずれの図書館・分館も、スペースや人員が限られる中、資料の大胆な削減、メリハリのある収集、分散管理、相互貸出制度の利用等、様々な工夫をすることで利用者の期待に応えるサービスを提供しているという印象を受け、大変勉強になりました。

最後になりましたが、お忙しい中御説明・御対応下さった各館の職員の皆様に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

(みぞぐち えりな)

(本稿は、筆者が支部宮内庁図書館在籍中に執筆したものである。)

  1. オックスフォード大学の講師、エイメリー氏(G. D. Amery・英国人:1890~1955。イギリスの農業経済学者、農業著述家であるアーサー・ヤング(Arthur Young)の書誌の著者・考証家。)の旧蔵書。
  2. 東畑精一氏(1899~1983。大正11年東京大学卒業後、昭和34年まで東京大学で教職についており、その間、昭和21から31年まで同所の所長を兼任。)から寄贈を受けたもの。
  3. 農林水産省図書館農林水産政策研究所分館の「特殊コレクション」参照。

このページの先頭へ