• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 75号(平成29年1月)

びぶろす-Biblos

75号(平成29年1月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
10. 【各国在日図書室紹介】
イタリア文化会館図書室紹介 ―東京で唯一のイタリア関係専門図書室―

イタリア文化会館東京図書室 ファブリツィオ・ナンニ

はじめに ~イタリア文化会館について

イタリア文化会館東京1はイタリア外務・国際協力省に属する機関で、世界に90あるイタリア文化会館の一つです。日本におけるイタリア文化の普及と日伊文化交流の振興を目的として活動しており、美術、音楽、映画、演劇、ダンス、デザイン等の多様な分野で年間150以上の文化催事を企画・開催しています。

また、日本の様々な大学や教育機関等との長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事や講演会を共催し、日本の諸機関や企業等が主催するイタリア関連イベントの後援も積極的に行っています。より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただけるよう、ほぼすべてのイベントを入場無料で開催しています。

イタリア語講座及びイタリア文化講座も設けており、受講生は様々なレベルやテーマに合わせて学習することができます。さらに当館は、イタリア高等教育機関(大学、音楽院、美術学院)の留学手続きを行う政府機関であるだけではなく、専門学校や語学学校への留学、政府奨学金等について、豊富な留学情報を提供しています。

2005年に全面的に建て替えられたイタリア文化会館の建物は、イタリアの建築家ガエ・アウレンティの設計によるもので、372人を収容できるアニェッリホールをはじめ、視聴覚室等、幅広い文化催事を可能にする設備が整っています。

イタリア文化会館図書室

イタリア文化会館図書室は東京で唯一のイタリア専門図書室です。イタリア文化会館の活動目的であるイタリア文化普及のための基本事業の一つとして設置されました。


閲覧室の様子

蔵書はイタリアの歴史・芸術・文学等の人文科学分野を中心に様々な分野を網羅し、デューイ十進分類法に基づいて排架されています。現在、日本語図書約4,800冊、イタリア語図書約10,800冊、日刊紙2紙、雑誌約10種を所蔵しています。人文科学分野のほか、政治・経済・教育等の社会科学分野の図書、ガイドブックや語学書、児童書等も豊富に取り揃え、その大部分は開架され自由に閲覧・複写が可能です(有料)。一般利用者向けに資料の貸出サービスも行っており(要利用者登録、年間利用料2,000円)、イタリア語学習者をはじめ、イタリア文化に関心をお持ちの方や、研究者等、幅広い層の方にご利用頂いています。

当室では資料の貸出・閲覧の他にも、『イタリア関係図書目録』の出版、フォスコ・マライーニ賞ならびに須賀敦子翻訳賞の授与、イタリア外務・国際協力省の翻訳助成金の手続き、イタリアブックフェアの開催等の各活動を通じ、日本におけるイタリア語書籍の普及とイタリア関係の出版振興に寄与しています。

『イタリア関係図書目録』

当図書室では1978年以来、前年度に日本で刊行されたイタリアに関する図書、論文、記事を採録した『イタリア関係図書目録』を刊行しています。目録はイタリアの大学図書館や公立図書館でも利用されており、日本での様々な研究成果を広める役割を果たしています。このうち、1995年から2011年までの目録データはWeb上でデータベース化しており、イタリア文化会館図書室Webサイトより検索が可能です。

須賀敦子文庫

1999年、故須賀敦子氏(イタリア文学者・随筆家)の蔵書や自筆メモ、原稿等の遺品資料の一部がイタリア文化会館に寄贈されたことを受け、当館図書室においては、それらの管理、保存及び目録化を行っています。

須賀氏のコレクションのうち、日本語図書の多くはフィレンツェ大学図書館に、欧文図書は上智大学中世思想研究所東京大学文学部南欧語南欧文学研究室に遺贈されており、当館で所蔵する図書はその潤沢なコレクションの一部にすぎません。しかしながら、当館で所蔵する図書は約3,500冊を数え、イタリア・フランス・英米文学作品やそれに関する評論はもちろん、神学や宗教をテーマとした図書も多数含まれています。

フォスコ・マライーニ賞と須賀敦子翻訳賞

現在、当館ではフォスコ・マライーニ賞と須賀敦子翻訳賞の二つの賞を主催しています。両賞はそれぞれ、2007年まで続いたマルコ・ポーロ賞及びピーコ・デッラ・ミランドラ賞を継承するものとして2013年と2014年に新設されたもので、交互に隔年で授与されます。フォスコ・マライーニ賞はイタリア文化に関する優れた日本語の著作に対して贈られる賞、須賀敦子翻訳賞はイタリア語から日本語への翻訳書に対して贈られる賞であり、いずれも学識経験者による選考を経て、イタリア文化会館より授与されます。

イタリアブックフェア

毎年、過去3年間に日本で出版されたイタリア関連の書籍を一挙に集めて展示・販売する「イタリアブックフェア」を開催しています。イタリア関係の書籍をまとめて手にすることのできる貴重な機会として、多くの方にご好評を頂いております。


イタリアブックフェアの様子

またブックフェア期間中には、著者や翻訳者による本の紹介、講演会、トークセッション、朗読会、展示会等、本にまつわる多彩なイベントも企画しています。

おわりに

当館では今後もイタリア文化への幅広い興味関心に応えるべく、活動のより一層の充実を図ってまいります。みなさまのご来館をお待ちしております。

(ふぁぶりつぃお・なんに)

執筆協力:清野佳奈絵、粒良麻央

  1. 東京都千代田区九段南2-1-30 電話03-3264-6011(代表)

このページの先頭へ