• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 75号(平成29年1月)

びぶろす-Biblos

75号(平成29年1月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
1. 【特集:レファレンスインタビュー】
『特集:レファレンスインタビュー』にあたって

『びぶろす』75号では、「レファレンスインタビュー」を取り上げます。


図書館のレファレンスサービスは、情報を求める利用者に対して、(1)図書館員が資料その他の情報源を活用して回答を行う直接サービス、(2)利用者自身が情報にアクセスできるよう、環境整備を行う間接サービスに大まかに分けられます。


(1)の直接サービスにおいて、利用者から図書館員に行われる質問は、必ずしも情報要求の在り処を端的に示しているとは限りません。調査を行う前に、利用者の情報要求を適切に掴むために、図書館員からも利用者に質問するのが、レファレンスインタビューです。


レファレンスインタビューの技術は、実務経験によって培われると言われますが、カウンタースタッフが比較的短期間で異動する、あるいは少人数で運営する図書館では、実務経験を積み重ねていくのも難しいのではないでしょうか。


今号の特集の巻頭では、レファレンスインタビューの意義と方法について、お書きいただきました。また、当館の児童書や絵本のストーリー・レファレンス、国会向けのレファレンス、人文分野のレファレンスのそれぞれの現場での、利用者の質問意図を把握するための工夫や留意点を紹介しています。レファレンスインタビューのロールプレイングを取り入れた司書課程の演習は、学び方の一つとして参考になるでしょう。


特集を通じ、質問技法やカウンターでの工夫を知ることで、読者の皆様の業務に役立つことができれば幸いです。

(編集担当)

このページの先頭へ