• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 72号(平成28年4月)

びぶろす-Biblos

72号(平成28年4月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
2. 【特集:図書館のお引っ越し】
支部内閣府図書館の沿革と移転について

支部内閣府図書館

支部内閣府図書館(以下、「内閣府図書館」といいます。)は、平成26年に中央合同庁舎第8号館(以下、「8号館」といいます。)の新設時に8号館に移転しました。今回、内閣府図書館の沿革も含め、移転作業の内容について紹介します。

1.沿革

内閣府図書館は、旧総理府と旧経済企画庁の図書館が統合したものです。

旧総理府の図書館は、内閣文庫の分室として置かれました。内閣文庫は、明治6年に太政官に置かれた図書掛に始まり、内閣制度の創始と同時に同文庫となり、以来、和漢の古典籍・古文書を所蔵する専門の図書館でした。その後、昭和46年に設立された国立公文書館1の中の一つの組織となりました。

一方、旧経済企画庁の図書館は、昭和21年に戦後復興のために立ち上げられた経済安定本部の発足とともに始まり、経済審議庁、経済企画庁と改称されながら、昭和46年から中央合同庁舎第4号館(以下、「4号館」といいます。)に置かれていました。

その後、平成13年1月の中央省庁再編により内閣府が発足し、旧総理府の内閣文庫の分室と旧経済企画庁の図書館は、内閣府図書館として統合されました。

しかし、旧総理府の職員は内閣府庁舎(以下、「本府」)、旧経済企画庁の職員は4号館にて多くの職員が勤務することになったため、二か所のまま運営することになりました。

なお、当館は昭和23年8月には支部図書館制度に基づき、国立国会図書館(以下「中央館」といいます。)の支部図書館となり、中央館及び各府省庁及び最高裁判所の支部図書館と協力しながら、図書館を運営しています。

2.移転の概要

8号館は、PFI手法2により新設されました。

図書館の移転にあたり、庁舎整備の担当部署と設置する書架等を検討しました。具体的には、二か所にあった図書館が統合することによる重複図書・雑誌等の処分、そのために必要な蔵書の確認、あわせて、図書、雑誌等の排架計画の作成、蔵書の運搬に必要な準備を行いました。

以下、それぞれの作業について紹介します。

8号館の図書館の書庫面積は、本府と4号館の書庫面積の合計より狭く、書架の段数は200段ほど少ない約4,400段となり、さらに、一段の幅を比較すると、8号館はすべて86cmであるのに対し、本府と4号館の合計のうち約4割が90cm(残りの約6割は86cm)であったことから、収容能力を比較すると8号館のほうが低くなりました。

そのため、所蔵資料の整理が必要となり、平成24年度末時点で、本府で約2万冊、4号館で約9万冊あった図書のうち、重複分や内容等が古くなり利用価値が失われた図書約3万冊を平成25年度に廃棄しました。

また、8号館の排架計画の作成にあたっては、閲覧しやすいよう新刊図書・雑誌のコーナーを設け、それを出来るだけ出入口付近に置き、バックナンバーも近くに排架するほか、内閣府発行資料をまとめる等の工夫をしました。

平成26年度に入って移転日が確定しました。利用者の便を図るため、二か所の同時閉館は行わず、最初に全体の約8割を占める4号館の蔵書を移転し、次に本府のものを移転するという2段階に分けて実施しました。

まず、4号館の図書館を平成26年6月9日から閉館し移転の準備に入りました。各書棚に排架されている蔵書の並びを整理したのち、ハンディターミナルやバーコードリーダーを使って全ての蔵書のバーコードを読み込み、データーベースとの突合を行いました。作業には2週間以上を要しましたが、その結果、図書は約400冊を廃棄し、また、雑誌は製本されたものを含め約160冊を処分しました。

次に、業者が作業3を確実に行えるように4号館の図書館の書棚に、指定の場所へ格納するための配送シールを貼付し、事務用品等の梱包も行い、4号館での作業は終了しました。

7月7日から5営業日かけて業者による移転作業を行い、運搬するための段ボール箱が約9,000個になったため、再配架作業には時間を要しました。

8号館への移転後は、2週間かけて蔵書の排架の確認、書架側面への分類表の添付、閲覧席、作業台、カウンター等の準備を行い、7月28日に4号館分の蔵書で開館しました。

開館日には、本府の図書館を閉館し、4号館と同様の準備作業を開始しました。こちらも蔵書点検を行い、図書は約250冊を廃棄し、また、雑誌は製本されたものを含め約350冊を処分しています。

本府の図書館は、4号館に比べて冊数が少ないうえに、8号館と連絡通路で繋がっていることから、スムーズに移転作業は進み、8月11日に本府分を含めた全ての蔵書が整い、内閣府図書館は一つに統合されました。

移転後の開架書架

移転後の集密書架

おわりに

内閣府図書館は、蔵書として旧経済企画庁の図書資料を引き継いだことから、財政、経済関係の和書、洋書が多数あり、経済安定本部時代の古い資料も有しています。また、内閣府の業務が多岐に及ぶことから広い分野の書籍を収集しています。

一方、内閣府図書館は、内閣府所属の職員のみならず内閣官房、復興庁等所属の職員も利用しており、他の支部図書館と比較すると、中央館及び各支部図書館を案内することが多い図書館です。今後も中央館、支部図書館との協力体制のもと、利用させていただく機会が増えていくと思われますので、今後ともよろしくお願いします。

(しぶないかくふとしょかん)

  1. 旧総理府の施設等機関。その後、平成13年に独立行政法人へ移行しています。
  2. 公共施設等の整備等を民間資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法。
  3. 契約内容は、書棚から資料を取り出した上での梱包、運搬、新規書庫への再排架です。

このページの先頭へ