• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 74号(平成28年10月)

びぶろす-Biblos

74号(平成28年10月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
6. 平成28年度専門図書館協議会全国研究集会第3・第4分科会に参加して

支部国土交通省図書館北海道開発局分館 北浜忠彦

1.はじめに

東京ウィメンズプラザで開催された標記全国研究集会の中で、参加した分科会について報告します。

2.第3分科会「ユーザー視点でみる専門図書館」(2名の講師による報告)

現在、専門図書館に求められているサービスのあり方や提供する書誌情報データベースについて、ユーザー(利用者)の視点から見た現状等を紹介していただきました。


第3分科会の様子

まず、筑波大学大学院図書館情報メディア研究科の小泉真理氏から「技術・研究開発部門 ユーザーの情報収集活動から見た企業内専門図書館への提案」を伺いました。

小泉氏の質問紙調査1の結果、多くのユーザーがいつでもどこでも誰でも自席から自由に利用できるインターネットの特徴を高く評価しており、企業内専門図書館に足を運んでまで使っているサービスは限られていました。

そこで、今後の課題として、(1)未利用者だけではなく、利用認識がない人2をいかにユーザーに変えるか、(2)サービスの充実(電子ジャーナルや電子雑誌、自身では入手困難な情報や文献の入手支援サービス、市場・業界情報を扱う情報源の提供サービス)が挙げられました。さらに、(1)検索からフルテキスト入手までの利便性向上、リンクリゾルバサービス3の導入、(2)図書館内での電子ジャーナルの閲覧、(3)収集する情報の種類の拡大等が提案されました。

発表を伺って、専門図書館に対して利用者からの要望が多い、電子ジャーナル・電子雑誌の充実や文献入手支援といったサービスを、まずは重点的に強化していくことが今後の専門図書館の存在価値に繋がると思いました。

続いて、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構研究連携成果展開部研究成果管理課の稲垣理美氏から「ユーザーを意識した書誌データベース」を伺いました。

日本原子力研究開発機構では、職員が行った論文発表や学会等における研究開発成果を書誌データベース化し、その活用促進を目的として、「研究開発成果検索・閲覧システム」(通称JOPSS)を2006年から運用しており、その管理・発信は図書館スタッフが行っています。新規ユーザーの獲得とユーザーに対するJOPSSの利便性向上を目的としてシステム改良を行い、約3年の試行錯誤の結果、アクセス数が増加したそうです。今後は、さらなるユーザーの拡大、提供情報の拡充、他の媒体でも発信している類似の学術情報4・成果情報5との相互リンクづけを目指し、アクセス数やダウンロード数といった量的なものに加え、質的な評価方法も検討していくという報告がありました。


JOPSSの画面

常にユーザーである研究者等の視点に立ち、ユーザーが求めている情報を把握し、利便性を向上させるシステム改良を行うことには、様々な課題があったと思いますが、まずは目的や重点を明確にすることが重要だと感じました。

3.第4分科会「専門図書館を取り巻く著作権の気になること」(3名の講師による報告)

著作権とコンテンツ提供をめぐる3つの発表がありました。

まず、早稲田大学大学総合研究センターの吉田大輔氏より「TPPを中心とする著作権の最近の動向」を伺いました。

TPP協定は、2015年に大筋合意し、現在、衆議院において継続審議中です。その中でも特に「著作物等の保護期間の延長」は、電子化された過去の著作物を利用する専門図書館の今後の活動に大きな影響を与える可能性があり、種々の課題が山積みとなっている現状を、様々なケースを例に出して言及していただきました。

TPPといえば、農林水産物の輸出入が頭に浮かび、著作権が絡んだ問題が発生するとは正直考えていませんでしたが、保護期間については、日本は諸外国に比べて短く、今後は早急な対応が必要だと感じました。

次にNPO法人IRI知的資源イニシアティブの岡本明氏から「デジタルアーカイブズコンテンツのオープン化の問題解決のために」を伺いました。

Google等が無償で行っているウェブサービスは、大変便利な反面、ほとんどが永続的なものとは限らず、提供側から一方的にサービスが廃止され突然利用できなくなることがある危険性について、過去の具体例を紹介していただきました。また、パーマリンク(リンク先のアドレスを変えない恒久的なURL)を活用する方法や、「CC:BY」(著作物の再利用を許可するという意思表示)6の現状7を説明していただきました。

公的なアーカイブは5年ごとにシステムを入れ替えるところが多いため、そのタイミングでアーカイブ側のサービスがリンク切れになることがあるそうです。サービスが半永久的に利用できると考えている一般ユーザーの意識を変える必要があると思いました。

最後に、国立国会図書館の村上浩介氏より「国立国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービス」について、1990年代後半のデジタル化から始まった当事業の概要、公開に際して行った著作権調査(現在も進行中)、著作権法改正、関係者協議会における権利者団体との調整及び今後の計画の説明がありました。

4.おわりに

今回の分科会では、日々、めまぐるしく関連サービスが拡充されるインターネットと専門図書館のサービスのあり方について話を伺いましたが、いずれも実例等を交えて説明していただいたので大変分かりやすかったです。

また、ユーザーの視点を意識しなければ、いくら改良を続けても魅力は伝わらず、使い勝手の悪い独りよがりなものになってしまう可能性があります。

今後は、ユーザーが求めるサービスに少しでも対応できるよう、常にアンテナを張りながら検討していくことが重要だと思いました。

(きたはま ただひこ)

  1. 2015年夏、8業種22社に対して「ユーザーは情報収集を行う際に何を求めているのか」を把握するためのアンケート調査を実施し、5業種8社から回答を得た。
  2. 図書館で契約している有料DB他を自分の席で使っている、など、図書館を利用している認識なしに、図書館が提供しているサービスを利用している人。
  3. 書誌データベースやOPACからリンク先を決定する仲介システム。
  4. 従来発信してきた論文情報や、技術レポート(JAEAレポート)に加えて、今後の課題として研究データなどが挙げられる。(編集部注)
  5. 論文や特許等の研究開発成果を分かりやすく解説する情報。(編集部注)
  6. 国際的非営利組織クリエイティブ・コモンズが提供している、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス。インターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツール)の一つ。CC:BYは、原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示することを主な条件とし、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンス
  7. 京都府総合資料館の東寺百合文書については、平成27年度専門図書館協議会全国研究集会第5分科会でも紹介されました。(編集部注)

このページの先頭へ