• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 74号(平成28年10月)

びぶろす-Biblos

74号(平成28年10月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
1. 【特集:専門職への利用ガイダンス】
『特集:専門職への利用ガイダンス』にあたって

今回の特集では、ガイダンスを取り上げます。


専門図書館や大学図書館のように、組織によって設置され、調査研究、学修などの活動を行う構成員に対する支援を主たる目的と位置付ける図書館は、より多くの構成員に利用してもらうことを通じて、組織の目的に貢献することが求められています。そのためには、自館を利用したことのない利用者に「図書館で何ができるのか」を知ってもらう必要があります。その方法として、広報、ガイダンス、カウンターワークなどがありますが、中でも、ガイダンスは複数の対象者に対し、直接図書館スタッフが説明することができるのが特徴です。


大学図書館では、初年次学生を対象とした情報リテラシー、レポートや論文執筆を念頭に置いたアカデミックライティングのための情報収集、さらに社会人学生を対象とするリカレント教育での図書館利用法など、幅広いテーマのガイダンスが、ときには学生と協働しながら行われています。

しかし、専門図書館では、特定の専門分野に精通した利用者に対し、図書館スタッフが何を説明すれば効果的なのか迷うことがあると思われます。また、限られた人数で運営する小規模な図書館にとっては、普段の業務を行いながら、何回もガイダンスを開催していくことは現実的には難しいでしょう。


今号では大学図書館、法科大学院資料室、府省庁の図書館である支部図書館の3館での事例に注目し、ご寄稿いただきました。

この特集が、皆さまの館が未来の利用者に向けたガイダンスを企画し、評価する際の参考となれば幸いです。

(編集担当)

このページの先頭へ