• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 64号(平成26年4月)

びぶろす-Biblos

64号(平成26年4月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
4. 【研修体験記】
行政・司法各部門支部図書館職員研修体験記

支部会計検査院図書館 市川 由貴

1. はじめに

平成25年度、1年の間に行われた「行政・司法各部門支部図書館職員研修(以下、「支部図書館職員研修」といいます。)」を受講させていただきました。タイミングが悪く受けることができなかった研修が一つだけありますが、多くの研修から得たもの、感想等をご報告いたします。私は平成25年4月に入庁し、最初の配属先が図書館だったのですが、ゼロからのスタートという、同じ立場の方の参考にしていただければと思います。

2. 支部図書館職員研修

一口に支部図書館職員研修と言っておりますが、具体的には三つに分かれています。5月中旬に行われた「新規配属職員研修」、5月下旬から6月下旬にかけて行われた「司書業務研修」、また、それ以降に不定期に行われた「特別研修」です。どの研修も、科目を自分で選択でき、必要な部分だけを受けることができるのでとても受講がしやすいです。また、時間や期間、頻度も私は受講しやすい印象を持ちました。例外もありますが、基本は午後の2~4時間となっています。

3. 研修を受けて

一つ目の「新規配属職員研修」はその名のとおり、初めて図書館業務に携わる人に向けた、基礎の基礎を学ぶものです。図書館業務については私も全くの初心者でしたので、この研修で一から学ばせていただきました。図書館に関連してどのような制度があるのか、図書館職員は何をすべきなのかといった大事なことを学ぶ貴重な場となったと思っています。図書館の業務は特殊な部分も多くありますので、まず土台となる基本を知ることが大切だと思います。

二つ目の「司書業務研修」は、基礎から少しステップアップしたもので、レファレンスについての科目が主要部分を占めていました。資料の調べ方や、国立国会図書館のホームページの使い方、レファレンスの際に必要となるツールの紹介等をしていただき、実習も行いました。実際に経験してみて感じましたが、明確にどの資料が必要なのかわからない場合に利用者の求める情報を探し当てることは、簡単そうに見えてとても難しいことです。そのような大変さを知るという点でも大事な研修だと思います。様々なツールを知ることによって検索の幅が広がり、私の所属する会計検査院図書館でも、業務の効率化につなげることができると思います。

三つ目の「特別研修」は資料保存のための知識習得・実習、あるいは支部図書館や専門図書館の見学等、普段の図書館業務ではなかなか経験できない内容でした。私としては、この研修が最も楽しく、かつその後の業務に生かせたと感じております。資料保存に関する研修を受けてからは特に本を適切に、大切に扱えるようになりましたし、図書館職員としては受けておきたい研修だと思いました。本を少しでも綺な状態で後世に残していくという図書館の使命を果たすために、それと合わせて簡易補修の研修も受けると効果的だと思います。破れたり、ページが抜け落ちてしまっている本等の簡易な修理を体験で麗きましたが、自分の手によって本が読める状態に修復される達成感はぜひとも皆さんにも味わっていただきたいと思います。

上の写真は簡易補修の研修で実際に使用した図書です。修正部分がわかりやすいように未完成の状態で載せております。和紙で破れた部分を多めにカバーするように貼ってあり、この後にはみ出した部分を切り落として完成します(細かい注意点がいくつかあるので、実際に補修をされる際にはぜひ研修を受けてください)。知識だけでなく、技術を身につけることは自信にもなります。

また、他の支部図書館の見学でも、自分の目で見て知るということの重要さを改めて知ることになりました。私は支部農林水産省、林野庁図書館を見学させていただきましたが、専門分野の個性を生かした、木を多く取り入れた空間はとても印象に残っています。他の図書館の取組や工夫を見聞きすることは大変刺激になり、勉強になることも多くありました。それだけでなく、相互貸借で図書を借受けに行く際の職員への案内をスムーズにできた時には、見学をさせていただいた有り難みを強く感じました。

4. おわりに

支部図書館職員研修という図書館業務を一から学べる機会を作っていただいて大変ありがたく思っています。

最初はきちんとやっていけるか不安ばかりでしたが、知識、技術を習得することで自信を持つことができるようになったのだと思います。この1年間の研修で得た知識、技術を今後の業務に生かしていきたいと思います。

もし新規に配属された方の中に支部図書館職員研修を受けられるか迷っている方がいらっしゃいましたら、何か得られることが必ずあるはずなので、積極的に受けてみてはいかがでしょうか。受けて損はないと、自信を持って言えます。

拙い内容ではありましたが、私のこの体験記が支部図書館職員研修を受けられる方々の参考になれば幸いです。

(いちかわ ゆき)

このページの先頭へ