• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 刊行物 > びぶろす > 63号(平成26年1月)

びぶろす-Biblos

63号(平成26年1月)

びぶろす

  • 発行:国立国会図書館総務部
    (National Diet Library)
  • ISSN:1344-8412
1. 【特集:見せ方の工夫(展示・資料紹介)】
国立国会図書館の企画展示の工夫

国立国会図書館利用者サービス部サービス企画課
古野 朋子

 国立国会図書館(以下、「当館」。)東京本館では、おおむね年に一度、大規模な展示会“企画展示”を行っています。

【近年の企画展示の一覧】


(平成24年度「日本と西洋」の会場:柱にも画像を掲載して活用)

 テーマは様々ですが、貴重書から一般の図書・雑誌まで幅広い資料で展示を構成し、当館所蔵資料の特色が活かせるよう努めています。例えば、豊富に所蔵している博物誌の資料を用いて「描かれた動物・植物-江戸時代の博物誌-」、近現代の膨大な雑誌や新聞を用いて「ビジュアル雑誌の明治・大正・昭和」、重点的に収集している日本関係欧文図書を用いて「日本と西洋―イメージの交差」など、毎回趣向を変えて、当館の蔵書の幅広さをお伝えしています。
 開催期間は10日から1ヶ月程度です。できるだけ長いほうが望ましいのですが、資料保存のためには、貴重書であれば2週間で展示替えが必要です。また、貴重書でない場合でも同様の観点から1ヶ月程度を目安にしています。
 開催時間、曜日は、当館の開館日にあわせています。永田町(関西館はけいはんな学研都市)という立地条件のため、通りすがりで来場される方はほとんどなく、当館を利用したついでに来場されるという場合が多いためです。
 以上の条件の中でも、広報はできる限り行います。ポスター・チラシを近隣の図書館・関係機関等へ配布、ホームページや公式ツイッターへの情報掲載、マスコミへのプレスリリース等を行っています。また展示のテーマにあわせて、例えば「名勝負!!」であれば、展示で紹介するスポーツを扱う専門雑誌やスポーツ新聞の編集部、スポーツ関係の団体、競技場も広報の対象に加えて、チラシ配布やプレスリリースを行いました。
 予算とスケジュールの範囲内で、関西館でもほぼ同内容で開催しています。貴重書であれば温湿度の管理ができる美術品専用輸送車をチャーターしなければなりませんが、その場合、相当な予算措置が必要になります。
 展示内容や方法で苦慮するのは、本を展示するというそもそもの問題です。絵画のようにそれ一枚で完結するわけではありませんし、資料保存の観点からガラスケース内に展示しますので、電子展示会のように展示箇所以外の他のページを読むこともできません。そのため、表紙や挿絵などビジュアル的に面白い箇所、そのページだけを見ても興味深いと思える箇所を選んで展示するようにしています。
 また、どんなに貴重な資料でも、説明がなければ、なぜ貴重なのかがわからず参観の方に不満が残ります。そのため、資料解題は不可欠です。ある程度のストーリーやまとまりを作ってわかりやすい構成にする必要もあり、その趣旨説明も用意します。また、こぼれ話のようなコーナーもあると楽しんでいただけますが、参観される方は立った状態でお読みになるため、字数が多くなりすぎないように注意しています。だいたい、資料解題は約200字、趣旨説明は約500字を目安にしています。
 さらに会場では、出展資料を見るだけでは物足りないという声もあるため、楽しんでいただけるよう、以下のような工夫もしています。

  • 資料を手にとって読みたいという方のために、著作権の保護期間が切れている出展資料の中から、デジタル画像をプリンター用和紙などに印刷製本(和綴じなど)した簡易なレプリカを作成。
  • ビジュアル雑誌の明治・大正・昭和」では25倍のルーペで雑誌を見ることで、近代の印刷技術を現代のオフセット印刷と比較するコーナーを設置。
  • 議会開設百二十年記念 議会政治展示会」で坂本龍馬の直筆資料を展示したときは、その署名部分をスタンプにして、自由に押せるスタンプコーナーを設置。
  • 日本と西洋―イメージの交差」では、アメリカ人が日本人芸者をほめたたえた合唱曲を当館職員が演奏した音源を聴くことができるコーナーを設置。
  • 名勝負!!」では、参観者自身の思い出の「名勝負」を投票してもらうコーナーを設置。


(「名勝負!!」展での「あなたの思い出名勝負コーナー」。付箋に思い出の名勝負を書いて貼ってもらう趣向です。)

 一方、企画展示と同内容の電子展示会を作成することもあります。「描かれた動物・植物―江戸時代の博物誌―」と「開館60周年記念貴重書展 学ぶ・集う・楽しむ」の二つです。いずれも、展示資料についての著作権処理が不要なものでした。近現代の資料を扱う場合、著作権処理が必要となるものが多いので、これ以外の展示会では、電子展示会版を作成していません。(企画展示用のポスター・チラシ等には、原則として著作権処理が必要ない画像を用い、場合によっては1~2件のみ著作権者の許諾を得て使用することもあります。)
 電子展示会版が作成できない場合でも、出展資料リストや資料解題はその都度ホームページに掲載しています。後々、レファレンスツールとして役立てていただくためです。
 本という一見地味なものにも、貴重な来歴や位置づけがあり、取り上げ方によっては奥深い楽しみが潜んでいるということを伝えるよい機会として、今後も展示会を活用していきたいと考えています。

(ふるの ともこ)

このページの先頭へ