• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 新着情報 > ニュース > 2018年2月23日(金)、国際政策セミナー「EUにおける外国人労働者をめぐる現状と課題 ―ドイツを中心に―」を開催します(付:プレスリリース)

2017年11月27日 2018年2月23日(金)、国際政策セミナー「EUにおける外国人労働者をめぐる現状と課題 ―ドイツを中心に―」を開催します(付:プレスリリース)

グローバルな国際競争や少子高齢化を背景に、我が国では、外国人材の活用が検討課題として国会で議論されています。国立国会図書館では、今年度実施している総合調査「岐路に立つEU」の一環として、ドイツから、外国人法、EU法などの専門家であるアルブレヒト・ヴェーバー氏(オスナブリュック大学名誉教授)をお招きして上記のセミナーを開催します。

セミナーでは、ドイツにおける外国人労働者の問題を中心にヴェーバー氏のお話を伺い、あわせて、日本の著名なEU法・ドイツ法の専門家とのパネルディスカッションを行います。

お申込み方法など詳細は、イベント・展示会情報をご覧ください。

このページの先頭へ