• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 新着情報 > ニュース > WARPで収集したウェブサイトが1万件を突破しました(付・プレスリリース)

2015年12月1日 WARPで収集したウェブサイトが1万件を突破しました(付・プレスリリース)

平成14年から日本国内のウェブサイトを保存し続けている国立国会図書館のインターネット資料収集保存事業(WARP:Web Archiving Project)にて、この13年間に収集したウェブサイトの数(タイトル数)が、平成27年10月をもって1万件を突破しました。平成27年10月末時点で保存しているファイル数は約36億ファイル、データ容量は約630テラバイトにおよびます。

WARPでは、法律に基づき公的機関サイトを網羅的に収集しているほか、民間サイトも発信者の許諾を得て収集しています。

国立国会図書館はこれからも、過去の情報が失われないように、また、いつまでも利用できるように、ウェブサイトを収集・保存して未来に伝えていきます。

このページの先頭へ