• 利用案内
  • サービス概要
  • 東京本館
  • 関西館
  • 国際子ども図書館
  • アクセス
  • 複写サービス
  • 登録利用者制度
  • オンラインサービス
  • オンラインサービス一覧
  • 国会関連情報
  • 蔵書検索
  • 電子図書館
  • 調べ方案内
  • 電子展示会

トップ > 新着情報 > ニュース > 資料のデジタル化に伴う原資料の利用停止について

2015年6月5日 資料のデジタル化に伴う原資料の利用停止について

国立国会図書館では、所蔵資料のデジタル化を実施しています。
デジタル化作業のため、平成27年7月中旬から、東京本館において、新たに下記の予定で一部の資料の利用を停止します。

利用を停止する資料
対象 冊数等
(1)東京本館所蔵の昭和62年末までに整理された和図書の一部
  • 請求記号が以下で始まるものの一部
    026~921、AZ-1311~AZ-1792、EG77、GC、M91、M93、ME
  • 請求記号がUL又はUPで始まる当館刊行物の一部
約45,000冊
(2)請求記号がY111、Y121で始まる官庁等が発行する小冊子の一部 約2,100冊
(3)請求記号がY95、Y111、Y991で始まる原子炉設置(変更)許可申請書 約2,200冊
(4)国内刊行学会誌・紀要類の一部(和雑誌・洋雑誌)
うち洋雑誌7タイトルは関西館所管
約90タイトル(Excel: 52.5KB)
(5)国・地方公共団体の各種報告書類(「白書」類も含む)の一部(和図書・和雑誌) 約70タイトル(Excel: 45.0KB)
(6)国の機関が発行する公報の一部 9タイトル(Excel:28.5KB)
利用停止期間

平成27年7月中旬~平成28年4月末(予定)

  • 現在ご利用いただけない資料は、NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)の所蔵詳細画面上に、「作業中」の表示でお知らせしています。来館でのご利用にあたっては、事前に検索してご確認ください。
  • 利用停止期間等は変更する場合があります。
  • お知らせは、館内掲示等でも行います。

利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

このページの先頭へ